直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

2022年

5月

27日

受粉と授粉 キウイフルーツ

石松子(せきしょうし)
石松子(せきしょうし)
キウイの花粉
キウイの花粉

受粉は雄花の花粉が雌花(めしべ)に付着すること。

それを人間の手で行うので授粉と書きました(^^♪。

 

それはともかく、昨夜から今朝に掛けて大雨でした。

午後からキウイの受粉をはじめましたが、

大雨の後の湧水が畑に流れ込み、、、、、作業が大変でした(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

26日

山の夕食(猪鍋)

山に泊まり、キウイの花摘み、花粉採り、授粉の毎日。

 

畑にあるのは小松菜とネギのみ。

猪肉はたっぷりあるのですが、、、、毎日では(-_-;)。

 

 

1 コメント

2022年

5月

25日

花粉採りの最終工程

乾燥した葯を篩(ふるい)にかけて、花粉が出来ます。

花粉は一日の作業で10グラムくらい、、、、、しか出来ません。

 

2 コメント

2022年

5月

24日

キウイの花粉採り

キウイの雄花をつぶして、葯を分離させます。

それを乾燥させて、花粉を取り出します。

 

そうこうしているうちに、、、、雌花が咲き始め、

人工授粉を始めます。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

23日

再生栽培のパイナップル

レタスを食べて、根っこを定植して、、、また食べる。

これを再生栽培と云うんだそうです(^^♪。

 

と云う訳で、食べ終わった沖縄産のパイナップルを植えてみました。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

22日

一番茶の袋詰め

一番茶の製造は終わりました。

袋詰めと出荷を早く終え、

キウイの花粉採りに、、、、、。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

21日

キンリョウヘン満開

キンリョウヘンは今年も咲きました。

日本ミツバチの気配が全くないのが残念です。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

20日

キウイ 花摘み開始

キウイの雄花が咲き始めました。

 

人工授粉の準備です(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

19日

まきの木に咲く卵塊

この時期、マキの木を見上げるのが日課の一つです。

 

モリアオガエルが所かまわず産卵します(^^♪。

手の届くところは卵塊を外して、水場に移動。

 

手の届かない高い枝にも、、、、、、。

真下に水たまりを提供するしか、、、ありません。

0 コメント

2022年

5月

18日

淡竹 採り

河川敷の竹藪は誰のものでもない、、、、、。

という訳で、早いもの勝ちの淡竹(ハチク)。

 

(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

5月

17日

落花生を一畝

今年は落花生を一畝だけ栽培しようと、

ポットに種まきをしました。

 

どうやら発芽率100%、、、いけそうです(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

16日

「独活の大木」目指して

美味しいからと云って、

いつまでも新芽をいただくわけにもゆきません。

 

来年の収獲のために、

この辺で「独活の大木」を目指していただきます(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

15日

モリアオガエル 初産卵

モリアオガエルの初産卵、、、、、と云うことで、

先日の準備が奏功しました(^^♪。

 

それでもこのままでは、半分は外に落ちてしまいます。

と云う訳で、形を直してあげました(^^♪。

0 コメント

2022年

5月

14日

蝋梅の実

梅(ロウバイ)の花の姿から、

この実を想像することは出来ないでしょう。

 

いつも同じ場所に生えている蝋梅なのに、

この実を見ると「はてこれは?」と一瞬戸惑います(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

13日

モリアオガエル

大雨の中、モリアオガエルたちが鳴きあっていました。

 

水槽に雨水を引いて、産卵のお手伝いを、、、、、、。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

12日

イペの実

イペの花は毎年咲くようになりました。

今年は花が咲いたと思ったら、、、いつの間にか実がなりました(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

11日

ジベレリン処理

葡萄農家ではありませんが、

けんジイさんの葡萄にもジベレリン(薬液)処理と云うものを、、、、。

 

ジベ処理と云われるこの作業で「種なし」と「肥大化」が達成されます。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

10日

紅茶づくり(発酵)

萎凋により水分を半分以下に減らした茶葉を揉んでいます。

 

このあと30℃で湿度90%の室で発酵させます。

 

フツーのお茶は不発酵、紅茶は発酵、ウーロン茶は半発酵と

云われていますが、製造方法はかなり違います。

0 コメント

2022年

5月

09日

浜北マジック クラブ「トリック」

28周年を迎える浜北マジック クラブ「トリック」の発表会。

カミさんと浜北文化センター小ホールに出かけました。

 

最近のネット販売には困ったもので、

マジックの「種も仕掛け」もバレバレ。

その上に販売競争により年々価格が下落中、、、、(-_-;)。

 

そう書いているけんジイさんも現役時代、

アメリカ出張の折に、

度々マジックショップで土産を買っていました。

 

道具を買えばだれでもマジシャンだが、

 

人を驚かすステージは生まれない。

 

やはりマジックは技術が基本で、

最後に披露された講師のMr.ヨダのミリオンカードや

シカゴの四つ玉などはスゴかった。

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

08日

大型連休最終日

大型連休も終わりました。

 

ミニ鯉のぼりを片付けています。

毎年毎年、、、、40年以上も続いています(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

07日

蒸かし機

沸騰したボイラーから送られる蒸気により、

摘みたての茶葉が蒸されます。

この筒を何秒間で通過するか、、、で蒸しの深さが決まります。

 

お茶の製造が終わると、各種茶製造機械の洗浄が始まります。

 

 

0 コメント

2022年

5月

06日

紅茶づくり

一番茶の最後の工程は、紅茶づくりです。

 

茶葉は肉厚の晩成型なので、

一番茶の最終日の仕事として、適しています。

 

下から風の通る箱にいれ、時々扇風機で下から風を送りながら、

茶葉の水分が自然に抜けるのを待ちます。

この工程を萎凋と云います。

 

 

0 コメント

2022年

5月

05日

一人仕事の一番茶

好天が続き、一日も休まず一番茶の収獲と製造をしています。

 

早朝5時半に茶畑にでたり、

時には8時過ぎから刈り取りを始めたり、、、、。

 

早く始めれば早く終わり、

早めの風呂、晩酌も早めに、、、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

5月

04日

猪肉豚肉時々魚介類

相変わらず夜はうどんです。

 

猪肉がつづいたので、たまには豚肉です(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

03日

浅蒸茶

この周辺は竜川地区と呼ばれています。

浅蒸茶の有力な産地です。

 

かといって、

深蒸し茶を造っている生産者がいないわけでもありません。

 

浅蒸と深蒸しの違いはその道のウエブサイトにお任せするとし、

 

小さい時から浅蒸茶を飲んでいると、

 

スッキリとした味わいの中にある独特の渋味が、

、、、とても良いと思います(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

02日

薪か丸太か

夜、気温が下がるから、

山ではまだまだストーブが欠かせません。

 

こんなに太い丸太でも、入り口を通過すれば「薪」なのです(^^♪

0 コメント

2022年

5月

01日

荒茶を飲む

早朝に刈り取りした茶葉をその日のうちに加工してお茶にします。

 

このお茶は荒茶と云って、仕上げ前の最終工程です。

取り合えず、新茶の香りを味わうにはこれです(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

30日

山での夕食

菜花、三つ葉、山ウド。

 

一番茶のために山に泊まり、

殆ど毎晩うどん食べています(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

29日

葡萄の接ぎ木

昨年は失敗した葡萄の接ぎ木ですが、、、、、。

 

さて、今回は?

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

28日

一番茶

歳と共にガタが来るのはけんジイさんばかりではなく、

茶の製造機械たちも同様です。

 

粗揉機のモーターが動かず、修復に半日。

刈り取り機のエンジンがかからず半日、、、と云った具合、、、(-_-;)。

 

けんジイさんの腰痛も、、、、、何となく起きそう(-_-;)。

 

無事に一番茶が終えられたら、、、、、いいネ(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

4月

27日

キュウリの二代目

四本ばかり定植したキュウリ苗が大きくなりました。

二代目の種も発芽しましたが、

少し早すぎたでしょうか?

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

26日

モリアオガエル待機中

モリアオガエルが鳴いたような気がして、

あたりを見回すと、、、、、、、、、、。

 

今年も家の周辺で産卵の準備をはじめたようです。

 

けんジイさんの仕事は、

空の水槽に水を張ってあげることだけです(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

25日

コンニャク芋の保存

コンニャク芋を保存します。

 

茹でたコンニャク芋を1キログラム単位で冷凍。

解凍して直ぐにミキサーにかけられるので、

後の手間が省けます(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

24日

タケノコ メンマ

雨降り仕事でタケノコの根っこをメンマ風に、、、、。

 

茹でたタケノコの根っこを縦に切ります。

焦げが出るくらいまで乾煎りします。

ごま油をかけて、再び焦げが出るまで炒めます。

 

水をヒタヒタに入れて、中華の素(ウェイパなど)で煮ます。

砂糖、醤油、みりんで味付け。

南蛮の輪切りも忘れずに。

 

煮詰めて、水気がほとんどなくなったら出来上がり。

 

 

0 コメント

2022年

4月

23日

イチゴで満腹

昨夜は山に泊まって、早朝にタケノコを掘る。

 

家に帰ると友人から大量のイチゴが届いていた。

 

何十年ぶりの満腹感、、、、、(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

22日

葡萄の挿し木

納屋の片付けをしていたら、

鹿沼土や赤玉土、ピートモスなどの使いかけの袋が見つかった。

 

そう云えば、父は一時サツキ栽培に凝っていたことがある。

 

と云う訳で赤玉土を挿し木に使ってみることに、、、、、。

今のところ良いみたいです(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

21日

セリが好き!

セリ摘みが年ごとに難しくなっています。

 

今まで沢山育っていた川端。

ドクニンジンばかりで、セリが見当たりません。

 

セリを探して、あちこち歩きまわっています(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

20日

タケノコご飯

今年もタケノコご飯がいいネ、、、、なんてカミさんと話をしていました。

 

すると突然、友人が「作ったョ」と云って届けてくれました(^^♪。

 

「お焦げ」まんべんなく混ざって、素晴らしい出来栄えです!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

19日

雨の中のモッコウバラ

長雨のせいで、

今年のモッコウバラは重ぐるしい風情です、、、(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

18日

独活と書いてウドと読むの?

山ウドもフツーのウドも同じものでしょう。

 

山に生えている天然のウドは確かに山ウドです。

 

それを暗いところやもみ殻、オガクズなどで日光を遮断して、

白い茎のウドに育てましたので、

これはフツーのウドと云ってよいでしょう(^^♪。

 

天ぷらよりも、絶対にキンピラが美味しいです。

 

(独活はウドを粉にした漢方薬、と云う説もあるようです。)

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

17日

雨後のシイタケ

雨上がりのシイタケは水分が多いので、

乾燥するにもコストがかかります。

 

同じ理由で天ぷらはムリ。

バター焼きや塩焼き、味噌煮、、、、そして佃煮くらいです。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

16日

やっとタケノコ

二日ほど続いた雨があがりました(^^♪。

 

やっとタケノコが出始めました。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

15日

ワラビの灰汁抜き

ワラビの灰汁抜きは1時間もかかりません。

 

バットにワラビを並べ、重曹を摘んでパラパラとふりかけ、

熱湯をヒタヒタになるまで、、、、。

 

熱湯が冷めたら、洗って直ぐに食べられます。

 

煮たり茹でたりすると、山菜の食感が台無しになりますのでご注意!

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

14日

山菜の旬もそろそろ終了

山菜の旬も、そろそろお終いでしょうね、、、、(^^♪。

開いたコシアブラでも天ぷらにして、

最後のあがきといきましょう。

 

 

2 コメント

2022年

4月

13日

晩白柚

世界で一番大きいミカン。

 

今年も晩白柚(バンペイユ)をいただきました(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

12日

イペ 今年も咲きました

イペの開花。

 

花の葉知らず、葉の花知らず、、、、、、、そうなんです(^^♪。

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

11日

コシアブラ

近ごろ、山へ入り山菜を採るほどのスタミナが無くなりました。

 

そんなけんジイさんに、

コシアブラが大量に届きました(^^♪。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

10日

生ジョッキ

こんな缶ビール、、、、たまにはいいですネ。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

09日

遅いぞ タケノコ

かなりの猪が周辺から居なくなりました。

 

だから今年は、タケノコが楽しみです。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

08日

山菜「タカノツメ」

山に住んでいるから山菜に詳しいかと云うと、そうでもありません。

(けんジイさんも山で生まれましたが、あまり詳しいとは?)

 

それでもこのお方はかなりのもの、、、。

 

と云う訳で、

春先に出会ったとき約束した「タカノツメ」をいただきました。

 

ハリギリやコシアブラ以来、珍しい山菜です。

 

生まれて初めていただくのです(^^♪。

思わず、とっておきの酒、開けてしまいました(^^♪。

 

酒飲みには嬉しい苦みがあり、

噛めば噛むほど甘味やコクもしっかりと感じます。

バター炒めで良かったと思います。

 

0 コメント

2022年

4月

07日

給油再開

茶工場の重油タンクはずっと上にあります。

 

三相モーターを100ボルトに取り換え、、、、。

、、、、、、何とか重油タンクに給油成功です。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

06日

ワラビの季節

ワラビが出始めました。

 

ワラビの頭、葉の部分には発がん物質が含まれているそうです。

猪も鹿も野ウサギも、

ワラビを食べないのは何故でしょう、、、、、(-_-;)。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

05日

三相モーター 故障?

新茶の収穫製造の準備。

 

重油をタンクに送るポンプが故障。

モーターを外し「あーだこーだ」やってみましたが、、、、。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

04日

NHKG VS NHKBSP 「残雪」

いつものように日曜日の夜。

鎌倉殿の、、、、見ておりました。

 

 

大河ドラマは単なる「物語」として観るべきですが、、、、(-_-;)。

あまりのバカバカしさにチャンネルを変更、、、、。

 

石川さゆり50周年、、、、なる番組、やっていました。

おかげ様で、残りの45分を素晴らしい音楽番組で過ごしました。

 

特に印象に残るのは、

つい先月発売されたらしい、加藤登紀子の作品「残雪」です。

これは石川さゆり50周年のために創られたものだそうです。

 

井上陽水の作品かとも想えるような、、、インスピレーション。

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、泣けました(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

03日

ジビエ VS 家畜 食べ比べ 

ジビエと家畜の肉と比べるのも、今さらです。

 

今日は鶏とカルガモ、、、、砂肝の食べ比べ(^^♪。

 

残念ですが、やっぱりジビエは家畜にはかないません。

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

02日

音楽理論

音楽関係の本たちに「さようなら」しています。

 

今はググれば何でも分かりますから、、、。

 

なのに捨てられなくて半世紀も持っていました、、、、。

、、、、捨てられなくて。

 

音楽理論は今でも大好きです(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

4月

01日

桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿

、、、と云うけれど。

 

桜はそんなやわではありません(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

30日

三月の施肥

茶園に最後の施肥をして、

新芽の成長を待つばかりです。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

29日

桃もスモモも

桃もスモモも花盛り。

急ぐ仕事もありません。

 

そろそろセリでも摘みに行くか?

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

28日

モクレン

モクレン、マグノリア、イエローポプラ、コブシ、

チューリップウッド、、、、、果ては、、、朴(朴の木)。

 

これらの言葉の意味を正確に説明できない。

まあ、すべてモクレンの仲間で、

チュウリップのような花が咲く、、、、このくらいで十分か(^^♪。

 

モクレンの花、そろそろ終了です。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

27日

根深

山の畑では栽培できない野菜があります。

 

小石交じりの土、表土が浅く深堀出来ないから、

根深ネギの栽培はムリです。

 

これをいただいたときは、

斜め切りで小分けして、、、、冷凍保存です(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

3月

26日

作業小屋にて

まん延防止等重点措置の解除、

三回目のワクチン接種が済んだ、

朝から雨模様、

 

と云うことで、

友人の柿畑の作業小屋、、、、となったわけ(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

25日

ヘチマ束子

ヘチマ束子の作り方は二つあります。

 

一つは取り立てを茹でて、直ぐに仕上げる方法。

 

もう一つは昔からある「ドブ漬け」によるもの。

 

ドブ漬けは半年ほど放置しなければなりませんが、

仕上げが簡単です。

 

ヘチマ束子は粗揉機の洗浄に必要なので、、、、、。 

0 コメント

2022年

3月

24日

ネギ 一年分保存

ネギを収穫してカット、

一年分を冷凍します。

 

今日は作業一日目、5株ほど処理しました(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

23日

温水器の水漏れ

天気が良いのに屋根から水がポタポタ、、、、(-_-;)。

 

調べてみるとホースの接続部品が割れている。

 

絶縁テープで補修、、、、したつもり。

、、、ポタリポタリ、、(-_-;)。

 

やっぱり水圧がかかっているからダメ。

 

と云う訳で、部品を買ってきて修理完了。

 

追伸:

温水器のホースが熱湯を通すそれでしたら、

接続部品は金属製をお使いください(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

3月

22日

スカボロフェア

 

タイムと云う一鉢のハーブをいただきました(^^♪。

 

サイモンとガーファンクル、映画「卒業」の挿入歌を思い出します。

 

スカボロフェアが流れる、

確か主人公がバスに乗って外の風景を眺めているシーン、、、、。

あれが何よりも印象的でした。

 

Are you going to Scarborough Fair?


Parsley, sage, rosemary and thyme

 

繰り返し歌われる、

パセリ セージ ローズマリー & タイム、、、、。

 

長い間、

この発音も意味も分からないまま年を重ねてまいりました(^^♪。

 

最近になって、このタイムがハーブの一種だと分かりました。

そして今、我が料理に使ってみようと思っています。

 


 

 

0 コメント

2022年

3月

21日

マルチ外しと春ジャガ

6月収穫の晩生タマネギのマルチをはずし、

ジャガイモを植えました。

 

春ジャガは小さくても切って植え、

秋ジャガは大きくても切るな、、、、、と聞いているので、

その通りにしました(^^♪。

 

 

タマネギにいつまでもマルチを覆っておくと、

育ちすぎて保存性が悪くなる、、、、とも聞いています。

 

 

0 コメント

2022年

3月

20日

安蔵のお花見 再開

コロナ禍で中断されていたお花見、再開です(^^♪。

 

アマゴの塩焼きは恒例でしたが、

今年は鮎の塩焼きも、、、。

 

0 コメント

2022年

3月

19日

My favorite (4)土田晴信(ジャズ)

最近、ジャズを聴くよりも、

how-to物のジャズをYouTubeで楽しんでいます(^^♪。

 

Jazzのジャの字が、少し分かったような気がしています。

何故なら、三人のサイトを見つけたからです。

 

その三人の一人が、我が「つっちー」先生こと土田晴信。

 

彼は全ての初心者向けサイトで、

スケールをどれほど覚えても、ツーファイブをどれほど練習しても、

それは効率的な練習方法ではない。コードトーン(7th,9th)を徹底的に

練習すべき、、、、、と云い切っております。

 

ジャズピアノの超初心者のけんジイさんは、

現在 Fly Me To The Moon (声も小さめ)を練習中です(^^♪。

 

この何ヵ月間のうちに、

なるほど、なるほど、なるほど、、、、、が数限りなくありました。

 

ジャズ教室の先生方にも、このサイトは勉強になること、

請け合います。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

19日

冷凍保存の生シイタケ

雨降り模様なので、

あわててシイタケを収穫。

 

水分の少ない乾燥した生シイタケ、

冷凍保存に適しています。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

18日

全国高等学校選抜ボート大会 2022

天竜ボート場で行われるボート大会。

明日より三日間開催されます。

 

完全無観客につき、

一般の方々は通行できません。

 

けんジイさんの畑へも、別ルートで行きましょう(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

3月

18日

高橋和夫氏のこと

インチキ「国際政治学者」の数々ある中、

高橋和夫はその道の本物、、、、でしょう。

 

放送大学。

まるで壁に向かって講義をしているような、

無味乾燥の教授郡のなかで、

目立った目線で講義を組み立てています。

だから臨場感があり、つい緊張してテレビを観ます。

 

日本にとって何かと分かりにくい時事問題。

それは中東で起きる様々な出来事でしょう。

(少なくともけんジイさんにとって、、、)

 

この人物の解説は、どんな事柄においても、

相当な準備を重ねて本番にあたっているのでしょう。

 

 

彼の講義や解説は、

私にとって、一種のエンターテイメントですね。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

17日

二台目のコンプレッサー

ブロアーは手軽で便利、作業場には欠かせません。

 

コンプレッサーは空気圧が全く違うので、

もっと便利です。

 

作業場が二か所あれば、やっぱりコンプレッサーも二つ欲しいです。

 

と云う訳で、二台目のコンプレッサーが来ました。

友人の一人が大工さんで、、、良かったなぁ(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

3月

16日

畑仕事はじめ

3月にジャガイモ植えて、

4月に里芋植えて、

5月になったら生姜を植えることになっています(^^♪。

 

先ず耕して、苦土石灰を撒きました。 

 

 

0 コメント

2022年

3月

15日

ネギの再生栽培

再生栽培なんて言葉があるか無いかはともかく、

根っこを残して収穫したネギが再生いたしました(^^♪。

 

野ウサギも鹿もタヌキも食べず、

寒さに強い、、、、これこそ「万能ネギ」と云うものです。

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

14日

山菜のまえに生シイタケ

この時期に美味しいものは生シイタケのバター焼き。

雨が少なかったので、ゆっくりと成長した生シイタケ。

 

コリコリとした食感は、

何年ぶりでしょう、、、、(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

13日

My favorite (3)平田王子(きみこ)

けんジイさんのスピーカー左
けんジイさんのスピーカー左

けんジイさんの年頃なら、

ボサノバと云えば小野リサあたりかもし知れません。

 

昔のことですが、NHKテレビのドキュメントを観て小野リサに失望。

それは渡辺貞夫との共演、ブラジルとの関わり、、、等々。

 

申し訳ありません、

このドキュメントではナベさまもイマイチ(-_-;)でした。

 

ボサノバの本格派「平田王子」を紹介します。

 

ポルトガル語で曲を書き、鍛えられた技術で弾き語る。

そのギターの左手が見事です。

華奢(きゃしゃ)な細い指ですが、弾き易さよりも響き重視。

 

弾き語りでその押さえ方、、、、そんなに頑張らなくても、、、。

それでもビビった音は出しません(^^♪。

 

彼女が名器「ラミレス」を所持していると云うことを直接聞いていますが、

やはり本格的なギタリストの左手でしょう。

 

話はソレますが、

けんジイさんも憧れのギター「ラミレス」を欲しがった時期がありました。

(ラミレスの誰か忘れました)

幸か不幸か、頭金が払えなかったのでそれは夢で終わりました(笑)。

 

最期に平田王子のライブを観たのは、名古屋でした。

渋谷毅との共演でした。

ライブの合間に渋谷さんとの会話で出た話。

沼津のジャズ屋「アーリータイムズ」の吉野ママはどうしていますか?。

 

実はそれを私も知りたいのです(-_-;)。

 

平田王子のライブを吉野ママにお願いした時、

「伊藤ちゃんの好みならしょうがないネ」

直ぐに「こじのり」ことフルートの小島のり子との共演で実現しました。

 

 

 

 

2 コメント

2022年

3月

12日

冬越し成功

畑の片隅で見つけたバッタ。

冬越しに成功したようです。

 

バッタは卵で冬を越すと思っておりましたが、

成虫で冬越しをする種類があるようです。

 

(クビキリギスと云うキリギリスの仲間らしい)

 

 

 

1 コメント

2022年

3月

11日

11年の年月

近くに住む孫の一人が風邪をひき、

もっぱらプライベート保育園の園長をやっていたカミさん。

 

今日は開放されて地域ボランティアの会合に出席。

帰るなり、開口一番愚痴る。

「東日本大震災から11年」の黙とうもその話も無かった、、、、。

 

 

確かに組織の会長あたりは、そうあるべきなのだろうとは思うが、

それだけ時が過ぎ去ったと云うことで、

人々の危機感もそれなりに薄れている。

 

11年前にけんジイさんが何をしていたか。

定年退職の年、孫の一人が生まれた年、

日本ミツバチの収獲が出来ていた年。

中学時代の同級生との付き合いが復帰、

狩猟をはじめて、くくり罠の製作に励んだ年。

 

ホームページを作り、ブログを始めた年だった。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

10日

施肥 茶園の春

天竜区の山間地区「大白木」の茶園も息を吹き返しつつあります。

2回目の施肥が終わりました。

 

茶園も、おんぼろ茶工場、けんジイさんの体力、、、。

ともに無事に過ごすことが出来ますように、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

3月

09日

同じ映画を何回観るか

風邪ひきの孫を家で預かり、

保育園を終えたもう一人の孫をカミさんが迎えに行く日々。

 

孫の成長を感じることが2回ありました。

 

迎えに来たカミさんや母親に「帰りたくない」と云う。

保育園が楽しいのです。

 

同じアニメ(録画)を何回も観る。

アニメの良さが少し分かってきたのでしょう。

 

出来の良い映画は無駄がないから、、、、、。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

08日

狩猟の終わり

猪鹿猟の期限は3月15日です。

 

一足早く罠を片付けました。

今年の収獲は、

猪 2頭

鹿 11頭

鴨 5羽

 

問題点。

脂ののった良質の猪肉が冷凍庫にありません(-_-;)。

 

 

0 コメント

2022年

3月

04日

剪定作業の次は

キウイの剪定作業が終わり、ホッとしてます(^^♪。

 

公園の浄化槽修理に駆り出されています。

昨日は斫り(コンクリートを砕く)仕事で削岩機、、、。

 

慣れない作業で筋肉痛に悩まされながらの1日でした。

 

 

0 コメント

2022年

3月

03日

My favorite (2)澄淳子

昔の事です。

 

懇意のジャス屋に、

お気に入りのジャズウーマンのライブをお願いしたことが、

二回あります。

 

そのお一人が、このお方です(^^♪。

 

澄淳子のプロフィールなどは、

ホームページに詳しく、、、。

 

彼女のライブを初めて観たのは、

吉祥寺にありました「赤いからす」。

 

歌もうまいし曲がユニーク。

第一トークもおもしろい。

酒も強いし、、、、それに志が高い。

 

この世に、酒と Jazz vocal ほど説得力のあるものは無いでしょう(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

3月

02日

ひなまつりは無いけれど

孫たちが次々に胃腸炎にかかり、

カミさんと面倒を見ているうちに10日間が経ちました。

 

三日間何も食べられなかった兄が、

何とか一口二口とご飯を食べられるようになったので、

二人とも帰って行きました。

 

結局、ひな人形も準備しただけで、

飾らずに三月を迎えてしまいました。

 

子供たちの笑顔が戻ったことがなによりでしょう(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

2月

24日

キウイ剪定作業中

相変わらずキウイフルーツの剪定作業中です。

 

狩猟も休止中。

 

飲み会も休止中。

 

今月末までには選定作業を終了し、

最期の罠猟を再開したいと思います(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

2月

18日

日陰の柚子

柚子の季節はすっかり終えましたが、

日陰には霜にも合わずみずみずしい柚子がなっています。

 

皮を薄く剥いて、焼酎のお湯割りに入れましょう(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

2月

17日

足もみ器を追加

もみ器は一台あればよろしいですが、

足もみ器は二つ欲しかったです(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

2月

16日

山の日没

山の日照時間は短くて、

夕方4時になれば日が沈み、気温が急に下がります。

平野部と比べれば1時間ほどの違いがあります。

 

気温も少なくとも平野部より2℃ほど下がります。

 

鹿と猪のくくり罠はしばらく休止中。

キウイの剪定作業が続きます

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

15日

狩猟シーズン終了

小型の箱罠もれっきとした猟具だから、

狩猟の期限明日までで終了となる(ようだ)(^_^;)。

 

ハクビシン タヌキ テン イタチ、、、モズまで捕獲しました。

 

鹿と猪だけは、今期も狩猟期間が延長され3月15日までです。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

13日

間もなく終了 エアライフル猟

午後、雨が降り出しました。

 

それなら明後日に終了するカモ猟、、、でも(^_^;)。

 

あちらこちらを移動しながら獲物を狙う「流し猟」に出かけました。

 

敵も、度重なるマラソン人や猟師の出現に相当神経質になっており、

近寄ることさえできません。

 

と云う訳で、

最後(たぶん)の収獲は一羽に決しました。

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

12日

皿うどん

5日ほど山に住み、里に下りた。

 

山の食事は朝昼晩ともに全て鍋料理。

うどんを入れるかお餅を入れるか二つに一つ。

 

里に下りて、先ずは皿うどんを作ってみた(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

2月

11日

燃えすぎる薪

夜ストーブを使う。

 

薪を焚くならケチってはいけない。

黄色いコンテナは予備。

 

黒いコンテナは当日使う薪。

何年も前に用意した薪だから、

どんな太いものでも直ぐに火が付き、良く燃える。

 

この薪だけでは燃えすぎるから生木があれば有難い。

生木は見つけるたびに、薪として持ち帰る。

 

 

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

10日

雨後の剪定作業

大雪の天気予報は見事に外れた。

それどころか雨は夜中に上がって風が吹いた。

 

そう云う訳でキウイ畑もすっかり乾いていた。

 

 

0 コメント

2022年

2月

09日

雨か雪か

天気予報では大雪が降る、と云っていたから心配した。

結局のところ雨だった。

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

08日

山暮らしの夕食

山の夕日は4時には終わる。

 

泊まりの夜は晩酌がその時間から始まる(^^♪。

 

たまに鹿肉のローストなんかやってみる。

二切れ作って、

一切れは一人暮らしの隣のオヤジに差し入れる。

 

隣のオヤジはもうかなり酔っ払っていた(-_-;)。

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

07日

キウイ畑にて

狩猟シーズンは続いていますが、

この辺で一休みして、本業?のキウイ畑へ、、、、。

 

剪定作業は少なくとも二月中に終えなければなりません。

そうでないとキウイフルーツの樹が、冬眠から覚めてしまいます。

 

 

0 コメント

2022年

2月

06日

My favorite (1)武田コルトレーン

ブログ11年目の今年。

音楽についてもっと書きたいと思います(^^♪。

 

コロナ禍で何だか時間の流れがスローになり、

自分の過去を懐かしむ、、、、ような気分も重なって、、、。

 

この表題を英語で解釈すると、

「お気に入り」ではなく、「最高のもの」となりますから、

まともにやるなら、

このシリーズもこのページで終了となります(笑)。

 

やはりジョン コルトレーンの、

My Favorite Things「私のお気に入り」のせいでしょうか。

 

では、まあ、「そのⅠ」と云うことで、、、、、、(^^♪。

 

ところで、

むかし「日本のコルトレーン」なる人物がおりましたね。

 

武田コルトレーンこと武田和命。

山下洋輔ともやっておりましたあのサックス奏者。

 

私は彼の事は全く知りませんでしたが、

彼についての想い出を多くの先人たちが語ってくれました。

「彼のライブに魅せられた」とおっしゃる三鷹のレコード屋・Mさん。

武田コルトレーンと呼んでいた沼津のジャズ屋、

アーリータイムスのママさん、、、。

 

元奥様にもう一度お会いできたら、、、と願っています。

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

05日

くくり罠の種類

くくり罠を買っても、一度も使わないものがあります。

 

罠の種類は数々あります。

この手の罠を使い始める前に、

最初から使っている罠、つまり実績のある仕掛けが優先です(^^♪。

 

ルールの上では、

くくり罠の仕掛けは一人30か所以内ならOK。

 

とは云え、そんなに仕掛けたら見回りが出来ないから、

百姓のけんジイさんには現実的でない。

 

せいぜい10か所以内、ならば敢えて新しいものを使う機会も、

無いと云うことです。

 

 

 

0 コメント

2022年

2月

04日

今季最大の雄鹿

11頭目となる鹿がくくり罠に掛かりました。

 

立派な角(つの)、もしかして今季最大、、、雄鹿でした。

 

0 コメント

2022年

5月

27日

受粉と授粉 キウイフルーツ

石松子(せきしょうし)
石松子(せきしょうし)
続きを読む 0 コメント

2022年

5月

27日

受粉と授粉 キウイフルーツ

石松子(せきしょうし)
石松子(せきしょうし)
キウイの花粉
キウイの花粉

受粉は雄花の花粉が雌花(めしべ)に付着すること。

それを人間の手で行うので授粉と書きました(^^♪。

 

それはともかく、昨夜から今朝に掛けて大雨でした。

午後からキウイの受粉をはじめましたが、

大雨の後の湧水が畑に流れ込み、、、、、作業が大変でした(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

26日

山の夕食(猪鍋)

山に泊まり、キウイの花摘み、花粉採り、授粉の毎日。

 

畑にあるのは小松菜とネギのみ。

猪肉はたっぷりあるのですが、、、、毎日では(-_-;)。

 

 

1 コメント

2022年

5月

25日

花粉採りの最終工程

乾燥した葯を篩(ふるい)にかけて、花粉が出来ます。

花粉は一日の作業で10グラムくらい、、、、、しか出来ません。

 

2 コメント

2022年

5月

24日

キウイの花粉採り

キウイの雄花をつぶして、葯を分離させます。

それを乾燥させて、花粉を取り出します。

 

そうこうしているうちに、、、、雌花が咲き始め、

人工授粉を始めます。

 

 

 

0 コメント

2022年

5月

23日

再生栽培のパイナップル

レタスを食べて、根っこを定植して、、、また食べる。

これを再生栽培と云うんだそうです(^^♪。

 

と云う訳で、食べ終わった沖縄産のパイナップルを植えてみました。

 

 

 

0 コメント