生死に直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

2021年

4月

20日

野菜苗の定植

とりあえず、、、、ナス、キュウリ、唐辛子、オクラを定植。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

19日

最後のタケノコ

一週間早く始まったタケノコの収獲も、

あっという間に終わりそうです。

 

これから出てくるタケノコは、

細くてひょろひょろしたものばかりです。

 

0 コメント

2021年

4月

18日

山ウドの天ぷら

山ウドの天ぷら。

 

それだけでは済みません。

結局、タケノコ、生シイタケ、タマネギ、サツマイモ、、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

4月

17日

イペが咲く

ふと気が付けば、、、、イペの花。

これから緑の葉が伸びてきます。

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

16日

干しワラビ

こんなもの作るより、

旬のワラビを存分に食べることですね。

 

タケノコもいろいろ保存方法をやって来ましたが、

結論は出ました。

旬の内に食べることです。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

15日

咲かせてしまったコンニャク芋の花

はい、わかっちゃいるけど、、、、咲いちゃいました(-_-;)。

 

 

0 コメント

2021年

4月

14日

三つ葉を育てる

セリに並んでこの時期の山菜と云えば、三つ葉でしょう。

お吸い物や丼ぶりモノ、今なら三つ葉が入ると有難いですね。

 

何年か前に畑の隅に植えた三つ葉。

今でも絶えることなく、毎年新芽を伸ばします。

 

ほぼ自生している、、、、って感じです。

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

13日

阿多古果樹園のフキ

阿多古果樹園へフキをもらいに行きました。

特大のフキなので10本もあれば、ドンブリ一杯出来ます。

 

キンピラ料理はけんジイさんの得意とするところですが、

材料の仕込みが面倒だけで、料理そのものは単純です。

ニンニクと南蛮は必ず入れましょう、、、(^^♪。

 

0 コメント

2021年

4月

12日

タケノコご飯

ちらし寿司とタケノコご飯だけはカミさんが作ります。

そろそろタケノコも飽きたと思う頃アサリ汁、、、(^^♪。

気を取り直してまたタケノコご飯。

 

 

2 コメント

2021年

4月

11日

水防団訓練

晴天の日曜日。

水防団員のけんジイさんは訓練に参加しました。

 

 

0 コメント

2021年

4月

10日

親竹を残す

適する場所に素性の良いタケノコが出来たなら、

親竹として残します。

 

 

0 コメント

2021年

4月

09日

椎茸シーズン終了

シイタケの季節もそろそろお終いです。

最後のバター焼き、、、になりそうです。

 

醤油が良く合うバター焼きです。

 

 

0 コメント

2021年

4月

09日

山ウドのキンピラ

手間暇かけて山ウドを栽培しています。

 

少し早めですが、キンピラで試食。

、、、、、、、、、、、、、、、、お酒がいけます(^^♪。

 

根っこも葉っぱもキンピラに、、、、、。

 

0 コメント

2021年

4月

08日

接ぎ木・もしかして成功?

葡萄の一番人気は、何といっても「シャインマスカット」でしょう。

 

世界一大きい粒の葡萄は、、、たぶん「天山」か。

 

先月、「ナイアガラ」に「シャインマスカット」と「天山」を接ぎ木。

 

新芽が伸びてきました(^^♪。

 

 

0 コメント

2021年

4月

08日

梨の花

昨年梨の幸水を植えました。

受粉木として長十郎も、、、。

 

どちらも、今花が咲いています。

 

 

0 コメント

2021年

4月

07日

ツツジ見物&交通整理

桜吹雪も終わる頃、天竜区横山町の宝珠院の深山ツツジは花盛り。

旧竜川中学校の校庭ではグランドゴルフに興じる7~8人。

その向こうの横山小学校のグランドになびく数多くの鯉のぼり。

 

水道工事現場の旗振りの半日でした。

 

0 コメント

2021年

4月

06日

鯉のぼり/チョット密ですが

天竜区の横山小学校の校庭に舞う鯉のぼりたち。

林業に携わる地元のボランティアの方々が揚げてくれます。

 

今では竜川の初夏の風物詩になりました。

 

0 コメント

2021年

4月

05日

桜切る馬鹿/梅切らぬ馬鹿

、、、、とは云うけれど、

 

近所の桜。

こんなに切っても枯れませんでした(笑)。

 

0 コメント

2021年

4月

04日

孫をもてなす

10日間滞在していた孫の一人、今年4年生になる。

家族が迎えに来て、帰って行った。

 

動物園に連れて行ったほかは、三度の飯を与え、、、ホッタラカシ。

昔は山へ連れて行って遊ばせたものだが、

今の興味はもっぱらスマホでゲーム、、、。

 

ジジババの干渉が無いのが最高の、、、、おもてなし。

 

 

0 コメント

2021年

4月

03日

若い人たちで賑わう天竜二俣駅(天浜線)

天竜ツーリズムセンター当番。

 

TVアニメ「ゆるキャン」と天浜線のコラボ、ラッピング列車の見学や

転車台見学のお客様で賑わっています。

 

シンエバンゲリオンの第三村のモデルとなった駅、、、とかでも

多くの若い人たちが注目、一時は人であふれる場面も、、、、。

 

5月に行うイベントの下見で、アコーディオンの演奏も、、、、。

 

先月販売を開始した二俣城の御城印も、たちまち同月で完売。

今日は三十数人の希望者をガッカリさせてしまいました。

 

情けない話ですが、

最近はこのような記念品を大量に買って、

メルカリあたりで転売する人がいるようです(-_-;)。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

02日

日陰育ち、、が良いのです(山ウド)

山ウドの芽が伸び始めたようです。

もみ殻で覆って、光を当てないようにします。

先端の新芽が地表(と云っても籾殻を突き破って)

に出てくるまで育てます。

 

30センチくらいになったら収獲です。

 

 

0 コメント

2021年

4月

01日

初タケノコ

タケノコの収獲準備にチェーンソーを持って竹やぶに入る。

なんと昨年より一週間早くタケノコが、、、、、。

 

例年のように猪が荒らした跡もなく、

猪除けネットも今年は不要、、、、、。

 

本来、これが当たり前なのだが、なぜか有難い(^^♪。

 

 

0 コメント

2021年

3月

31日

浜松動物園へ

浜松動物園はけんジイさんが生まれた時にオープンしたと聞くから、

御年七十くらいか、、、。

 

この動物園が現在の姿に整備された直後に行ったのが三十数年前のこと。

 

 

久々の動物園。

なんと動物そのものを観ることに全く興味が無くなっている自分だ。

テレビ等の映像により、

日頃、より鮮明に動物の生態を観察しているからかも、、、、。

 

動物園の売り物はゴールデン・ライオン・タマリンだと云うが、

実物を見ても顔を伏せて眠っているだけだから、

ポスターを見て納得するしかない(笑)。

 

動物園の少子高齢化はひどすぎる(-_-;)。

 

野生動物を捕まえて動物園で大勢の人に見せる。

こんな時代は一世紀前に終わっている。

 

動物園に行く目的を考える良い機会ではあった。

 

0 コメント

2021年

3月

30日

従弟同士

夏休みも正月にも会えなかった遠方の孫の一人が、

春休みの10日間をジジババと過ごすためにやって来た。

 

せっかくだからと近くに住む従弟を呼ぶ。

 

一年以上のブランクがあったが、

子供同士は直ぐに慣れて仲良く遊ぶから有難い。

 

少子化のなかの従弟同士、末永くよろしくやってもらいたいもの。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

29日

暖冬から夏へ

ニュースでは夏日が続くとか。

 

冬用タイヤ、この冬は交換の機会を逸したようだ。

 

 

0 コメント

2021年

3月

28日

全国高等学校選抜ボート大会(32回)

久しぶりに天竜ボート場が賑わっています。

ボートの甲子園と呼ばれる全国大会が開かれています。

 

天竜ボート場は「月まで3㎞」でおなじみの天竜区月にあります。

けんジイさんの仕事場は、ボート場を通り抜けて、

川沿いの坂の道路を10分ほど登ったところ、大白木です。

 

ちょうど「月の裏側」になります。

 

 

0 コメント

2021年

3月

27日

芽出し肥料 

収穫前の最後の施肥。

 

明日は雨模様、、、、らしいです。

 

 

0 コメント

2021年

3月

26日

初物 あれこれ

ワラビ アスパラガス 三つ葉 レタス、、、初物です。

 

ワラビは簡単に食べることが出来ます。

決して煮たりしないで!

 

ワラビを洗ってそのまま器に。

重曹をパラパラかけて、熱湯をかけて浸します。

 

お湯が熱くない程度に冷めたら、

水洗いして完了です。

 

下ろし生姜と醤油でいただきますが、

マヨネーズを足してもなかなかです。

 

 

2 コメント

2021年

3月

25日

秘密村(龍山町)

終日、水道業者の助手。

天竜区龍山町の秘密村に、、、、。

 

秘密村は、紅葉で有名な白倉狭の奥にある小さなキャンプ場。

コテージやロッジなどもあり、

子育て家族が過ごすには素晴らしい環境です。

 

山育ちのけんジイさんも、

孫たちを連れて来たい所の一つです。

 

設備、使用時間の制限やルールなどが、

本格的なキャンパーには向かないかも知れませんが、

一度ホームページをご覧ください。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

24日

山くらげのサラダ

ケルンとも茎レタスとも呼ばれる山くらげです。

 

乾燥させると長く保存できるし、

戻しも簡単です。

コリコリとした食感はサラダが最適、

今年も作ろうと思います。

 

 

0 コメント

2021年

3月

23日

鮎の甘露煮

昨夜は10時前に就寝。

どおりで4時に目覚める。

 

テレビの録画を観ながら、鮎の甘露煮でも、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

3月

22日

狩猟登録証の返納 2021

今期の狩猟は鹿7頭、コガモ3,そのほかキジバト、ヒヨドリで終了。

 

猪は獲れませんでしたが、

鹿も暴れると、くくり罠をこんなにしてしまいます。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

21日

茎の無いチューリップは何故?

咲いてくれるのは嬉しいですが、、、、。

 

茎がありません(-_-;)。

 

冬の間、マルチをしたのが悪かったのでしょうか?

 

0 コメント

2021年

3月

20日

天竜区あちらこちらで

水道業者助手、、、、本日もです。

(画像、、、こんなもんかな)

天竜区のあちこちで作業。

天竜区生まれ天竜区育ちのけんジイさんも初めて来た場所も、、、。

 

 

2 コメント

2021年

3月

19日

手洗い場の増設

水道業者の助手をつとめました。

 

イベント会場に簡易手洗い場を設置。

手洗い場を増やすのも、コロナ感染症対策なのでしょう。

0 コメント

2021年

3月

18日

木瓜の花 満開

木瓜(ボケ)の花満開。

桃の花満開。

その他、、、満開。

 

 

2 コメント

2021年

3月

17日

ジャガイモ植える

春植えのジャガイモは切った方が育つと云われます。

秋ジャガは切ってはいけないそうです。

たぶん8月の季節に植えるから、腐りやすいのでしょう。

 

切り口に灰を塗って、半日天日で乾燥させて植えます。

今年はダンシャクだけ植えました。

0 コメント

2021年

3月

16日

川魚料理 サクラマス

友人が釣りたてのサクラマスをくれた。

早速、半分は刺身でいただく。

アニサキス被害を避けるには冷凍しなければいけないが、

無事に済んだのは幸いかも、、、、、(笑)。

 

残りの半分は酢でしめた。

三枚おろしの半ペタを骨抜きし、

塩を振って半日放置。

そのあと酢で漬けるが、

酢を水で薄めて長く漬けると味が良い。

 

0 コメント

2021年

3月

15日

生シイタケ収獲

フライパンでバター焼き。

生シイタケの定番です。

 

炭火焼きならバターを使いません。

傘の裏のひだに塩を軽くすり込んで焼き、

醤油でいただくのが美味しいです。

 

粒が小さく水分の少ないシイタケは、

石突を切り取り冷凍保存。

鍋料理にそのまま使えます。

 

大きく開いた水分の多いシイタケは、

スライスして天日乾燥。

今回は量が多いので、乾燥機の中に、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

3月

14日

安蔵の花見

一週間前の河津桜見物、悪天候のため一週間延期。

葉ザクラがはじまっていますが、、、、、、。

 

帰りは酔い醒まし、川沿いに1時間のハイキング、、、これも恒例です。

 

0 コメント

2021年

3月

13日

ソラマメ&エンドウ 春植え

残念なことに、

昨年の秋は苗を買いそびれてしまった。

仕方なく、

先日ホームセンターで見つけた春植えの苗を購入。

 

畑で冬を越した苗と春植えのそれとは、

収獲量はむろん、、形も味もすべてが違う気がする。

 

厳しい世間の荒波を越えて、打たれ強い人間になれと、

このジイさんも昔の人には言われたものだ(笑)。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

12日

くだものの里 浜松市都田町

ネーブルオレンジを買いに都田町へ。

 

浜北区から北区都田町へ、

1つ山越えだらだら道を下る。

道が平らになると直ぐにミカン農家がありました。

倉庫の入り口にいくつかのミカンが売られていましたが、

ネーブルは見当たりません。

 

ネーブルはあるか、と尋ねる。

農家の若い主人らしき方が、

ビニールカーテンの向こうで、目の前のパソコンに向かって、

「うちではやっていません」と応えるから

、、、、ご愛想の500円の出費が不要になった(笑)。

 

気を取り直して車をバックさせると反対側にも果樹の看板。

そこはイチゴ農家「いちごいちえ」。

 

「ネーブルを探している」と尋ねると、

気の強っそうなばあさまが、

ちょっと訊いてみるから、、、と云いながら携帯。

側でジイさまが何やらメモを用意して何か書き始めた。

 

みかん農家、山本家の主人と奥様の名前と電話番号が書いてある。

 

1000円の素晴らしいイチゴは予定外の出費だったが、、、(^^♪。

その結果、山本さん家へ行って、目的のネーブルを買うことが出来た。

 

今や都田町は「くだものの里」となっています。

 

 

0 コメント

2021年

3月

11日

タマネギのマルチ外し

タマネギのマルチを外してあげました。

収穫までマルチを続けると、

タマネギが肥大化してよろしくないと云われます。

 

6月に収穫し、半年保存出来るのが、

晩成型のタマネギです。

 

0 コメント

2021年

3月

10日

狩猟終了

仕掛けたくくり罠を回収しました。

今期は猪が一頭も捕れません。

 

鹿7頭を退治して、今シーズンは終了です。

 

 

0 コメント

2021年

3月

09日

畑 始める

春の作業を始めました。

取り合えず耕して、、、苦土石灰です。

 

山間地のジャガイモ植え付けは、

彼岸が過ぎたころ、、、、でしょうか。

 

0 コメント

2021年

3月

08日

黄金柑

黄金柑(おうごんかん)を初めて食べました。

黄金色のみずみずしい皮をもつ、小さ目のミカンです。

皮を剥くととても良い香り。

シッカリとした酸味とその後に感じる品の良い甘さ、、、、。

 

3月の青島ミカンは貴重ですが、酸味が抜けています。

合間に食べる黄金柑の酸味はとても新鮮です。

 

0 コメント

2021年

3月

07日

ニシンが来た

けんジイさんが生まれたころ、

ニシンは春告魚と呼ばれ、最高の漁獲高を誇っていたとのことです。

そして70年、ニシンの漁獲量は劇的に減少してしまいました。

 

今年も北海道から大量の生ニシンがやって来ました(^^♪。

 

生ニシンは足が速い魚(腐りが早い)だから、

この辺では買えません。

 

先ずは腸を出さずに、そのまま塩焼きで、、、、、、。

多くは雄、白子も沢山、、、、中には数の子を持った雌ニシンも、、、。

 

結論。

簡単に美味しくいただくなら、煮つけでしょう。

酒と生姜が無い場合は、、、やっぱり塩焼きですか。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

06日

新タマネギ やっと収獲

黒マルチを外しました。

(^^♪

山では、早生種のタマネギがやっと収穫を迎えました。

 

0 コメント

2021年

3月

05日

薪ストーブ 一夜分

山へ泊まる日は薪を用意して、玄関に積み上げておきます。

夜中に火種が切れては心細い。

朝まで熾火が残るように、、、、。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

04日

3月の施肥

週末は雨降り模様か。

よろしいタイミングです。

 

0 コメント

2021年

3月

03日

湖畔の家 囲碁大会参加

第五回、(株)杉の里・(有)天龍遊船 共同事業体主催、

湖畔の家囲碁大会が、天竜ボート場の湖畔の家で開かれました。

 

マスク着用の息苦しい一日でしたが、

昼食をはさんだ和気あいあいの一日でした。

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

02日

接ぎ木で遊ぶ

山の遊びは収穫だけではありません。

 

種を蒔いたり、苗を植えること、

そして、出来もしない組み合わせの接ぎ木を続けること。

 

スモモに桃は無理なのかなぁ、、、、(^_-)-☆。

 

0 コメント

2021年

3月

01日

浜北緑花木センター

久しぶりに浜北緑花木センター。

屋内の売り場は冬の花と春の花でいっぱい(^^)/。

 

ついつい、、、、木瓜の植木買っちゃいました(^^♪。

 

 

0 コメント

2021年

2月

28日

初節句を祝う

孫娘の初節句。

 

昼ご飯は二日がかりのチラシ寿司で、、、。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

26日

梅酒2018 発見

2018年の梅の実は豊作だったようです。

味噌仕込みのために、その置き場を整理していたら梅酒が、、、、。

 

2㎏の梅に砂糖を800gですから、焼酎の梅酒割り、、、用でしょう。

梅酒づくりでは、翌年梅の実を出すのがレシピだったと思いますが、

梅の実は出さなくても問題ない、、、、ことも発見しました。

 

 

0 コメント

2021年

2月

24日

味噌 仕込む

いつもの麹屋さんへ大豆と米麹を買いに行く。

大豆5㎏に米麹3㎏を買う予定だった。

 

麹屋さん曰く、

米麹と大豆を半分ずつ買え、、、と云う。

この頃の味噌は麹の比率を上げて、

甘口にするのが流行りらしい。

 

と云う訳で、大豆4㎏に米麹4㎏を仕込んだ。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

23日

今どきの里芋と秋ジャガ

秋ジャガと里芋を植えっぱなしにしました。

里芋は腐ったのがありましたが、

ジャガイモはOK でした。

 

 

0 コメント

2021年

2月

22日

イタチが家に入り込む

夜。

すべての生き物が、必死に動き回っている。

少しでも楽に食べ物を得られる場所を求めて、、、、。

 

家の中まで入り込んで食べ物を探すなんて、

けんジイさんの子供の頃は考えられなかったのに、、、、。

 

でも人間に捕まるようでは、、、、おしまいネ(^^)/。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

21日

味噌煮込み中毒

味噌煮込みが美味しくできるとヤミツキになる。

 

始めはあんなもの、、、、と思っていたが実はそうでもない。

山にある野菜や冷凍キノコ類、豚ホルモンや猪肉、、、で煮込む。

 

最後にうどんを煮込んで終了となるが、

翌朝はその中にお餅を入れて、、、雑煮がまた美味しい。

 

昼飯時、汁が残っていれば最後にもう一度、、、うどん。

 

オレってそんなに味噌煮込みが好きだったかなあ、、、、(笑)。

 

 

0 コメント

2021年

2月

20日

7頭目の鹿に気づかず

くくり罠に掛かった鹿が死んでいた。

 

片付けた後にこれほどの痕跡が残るのだから、

死骸の様相はさぞひどかった、、、、と云えるだろう。

 

くくり罠の一部に細い紐を付けて、

手ぬぐいを高いところにぶら下げておいた。

そうすれば獲物が掛かった時、

手ぬぐいが落ちて見えなくなるハズだった。

 

どうかしてその仕掛けが用を足さなかったようだ。

掛かってから相当の日々が経過したようだ。

7頭目の雄鹿。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

19日

果樹5種植える

果樹の苗を6本ほど植えました。

 

厄介な点は、授粉木と合わせて二本植えないと、

果実が実りません。

 

梨は幸水と長十郎、リンゴは冨士とアルプス乙女。

アーモンドは果実の収獲は無理でしょう。

花が綺麗だから観賞用です。

 

も一つ厄介なのは、野生動物の食害です。

新芽が動物の背丈よりも大きくなるまで、

柵をしたり網をかけたりして、守り抜くこと、、、、、です。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

18日

終日風花舞う

この二日間、朝起きると雪が積もってます。

朝から晩まで風花が舞い、

キウイフルーツ畑の剪定作業も進みません。

 

0 コメント

2021年

2月

17日

薪切り薪割り

薪ストーブを楽しむなら、

薪をたっぷり用意しなければいけません。

 

積み上げてある材料から、切ったり割ったりして、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

2月

16日

ガラスそっくり

左半分は厚手のビニールシート
左半分は厚手のビニールシート

山へ2~3日泊まることになった。

ガラス戸の左半分が割れていたので、

そのままでは寒すぎる。

 

と云う訳で突貫で修理。

倉庫内にガラスそっくりの厚手のビニールを発見。

 

一件落着。

 

0 コメント

2021年

2月

15日

雛人形業界の御事情

現役時代、あちこちに出張しました。

数年の間、埼玉県の岩槻市に定期的に通っておりました。

 

夜。呑み屋に行くと、人形職人の親方(あるいは製造販売)みたいな方、

若い職人を連れて賑やかに飲んでいる姿をたびたび目にしたものです。

 

今は少子化や3Dプリンターの雛人形など、

この業界もさぞ様変わりのことだろうと思います。

 

先だって我が家ではひな人形の「おさがり是か非か」の問題に直面。

 

ネットで調べてみると、

子供の健やかな成長を願ってお祝いをするひな人形、

ひな人形は子供の「厄」を背負ってくれる道具だから、

子供に譲るのはよろしくない、、、、、とのことです。

 

 

否。しかし、

 

そもそも「厄」などと云う存在。

神社仏閣でしか通用しない「呪い」でしょう。

 

けんジイさんは見たことも感じたこともありません。

訳もない不安を煽り、民衆を良からぬ行動に導こうとする、、、、。


調査続行、とうとう、

 

一般社団法人日本人形協会の事業内容の一つを見つけました。

(ホームページより抜粋)

  • 節句人形の消費者による使い回し問題に関して、
  • ポスター製作などを通して一人一飾りの啓蒙を行う。

 

 

我が家ではカミさんの両親から、

長女の節句に贈られた立派な雛人形。

是非とも孫子にも大切に使って欲しい。

 

これを業界では「使いまわし問題」と ?

ネットのこれに関する情報の殆どが、

業界の啓蒙と云う名の「呪い」との結論に達しました(笑)。

 

大切な雛人形を倉庫の肥やしにしないで、

出来る限り飾るチャンスを拡げるべきでしょう。

それがけんジイさん家の先祖への「供養」となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

14日

冬野菜「菜花」

菜花は冬の野菜です。

春先のずくずく育った菜花は、美味しくありません。

 

今が菜花の旬です。

 

お浸しや胡麻和えはもちろんですが、

鍋物の具として、煮込んでも形が崩れにくい優れた野菜です。

 

0 コメント

2021年

2月

13日

へッドショット

エアライフル猟のメリットは、

獲物への損傷が小さいこと。

 

照準を躰の中心に合わせるが、

たまに頭部にあたる。

 

 

0 コメント

2021年

2月

12日

 沢庵の保存

沢庵は保存食です。

 

桶から残りを出して軽く乾燥。

その後は冷蔵庫で保存します。

 

この時、タッパウエア(密封容器)に入れて、

空気を遮断する事が必要です。

 

シッカリ天日干しをした糠漬けの沢庵は、、、、それが出来ます。

 

冷凍も出来ますが、食感が変わるのでイケません。

保存食の沢庵も、春先までに食べきることです。

 

 

4 コメント

2021年

2月

11日

6頭目の鹿

獣道にくくり罠を仕掛ける 。

 

三日目。

罠場へ行くと、何やら黒い影、、、。

もしや、、、、猪か?

 

と思いきや、若い雄のニホンジカだった。

 

残念と云うほかない。

猪は何処かへ行ってしまったようだ。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

10日

ニホンカモシカの生息数

カモシカの生息状況は、その数さえも明確でない。

 

狩猟期間が終わると狩猟登録証を県に返却する。

その時に何処で何時、何を何頭または何羽捕った、、、それを報告する。

 

同時に、ニホンカモシカを何処で見た、、、、報告もする。

カモシカの行動範囲はとても狭いから、

それで(たぶん)生息数を推定出来るのだろう。

 

カモシカは一時乱獲により数が激減したため、

天然記念物に指定するなどして保護されて来た。

それをイイことに、車を止めても逃げようともしない。

 

0 コメント

2021年

2月

09日

エアライフル猟 コガモ

コガモはあまりにも小さくて、

丸焼きにしても芳しくありません、、、、(>_<)。

 

 

0 コメント

2021年

2月

08日

二ヵ月の節電

キウイフルーツの販売は終了しました
キウイフルーツの販売は終了しました

お茶工場とキウイフルーツの冷蔵庫は三相電源を使います。

 

三相電源は電気料金は通常の半額と安い。

しかし年間の維持費が高いのが特徴です。

 

キウイフルーツの冷蔵庫の電源を2月6日で落としました。

こうして4月の製茶シーズンまで

2カ月間の電気使用量をゼロにします。

 

4千円の節約、、、、、のつもりです(笑)。

 

 

0 コメント

2021年

2月

07日

ひな人形を孫に

娘を育てている時分、住宅事情の理由から雛飾りが出来なかった。

 

実家で初節句をやり、

カミさんの両親からいただいたお雛様のセットは、

けんジイさん家に仕舞ったまま三十数年、、、(-_-;)。

 

最上段のお内裏様だけを、

それでも三十数年の内、数回だけ飾った記憶はある(^^)/。

 

そのお雛様を娘に譲る時が来た。

八カ月になる孫のために(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2021年

2月

06日

鶏の丸焼き

今度鴨を獲ったなら、丸焼きにしてみようと思っています。

 

大型スーパーで時々買ってくる鶏の丸焼きは、

総ての部位が美味しいわけではありません。

しかし骨をスープにしたりして、

後の料理を味わうことが出来るので、とても便利です。

 

0 コメント

2021年

2月

04日

峠を越した剪定作業

キウイの剪定作業も峠を越した感じだから、

午後になって雪が舞いだしたら、今日の作業は終了です。

 

狩猟期間も後10日。

鴨を狙いに出かけようとも思いますが、

寒さと疲労で、、、、、そんな元気も出ないようです(^^♪。

 

 

0 コメント

2021年

2月

03日

晩酌最高!

美味しい酒は数々ありますが、

この季節、やはりヒレ酒、、、と云うことになります。

 

ヒレ酒のヒレ(ふぐのヒレ)はゆっくりと火を入れて、

こんがりと焼くのがコツ、、、と云うものです。

 

そうすると、二杯はシッカリと味が出ます(^^♪。

 

 

0 コメント

2021年

2月

02日

茶そば

蕎麦は基本的には自分で打つか、

趣味で蕎麦打ちをする友人からいただきます。

 

買っている蕎麦(乾麺)が一種類あります。

池島フーズの「茶そば」。

 

25年間、、、、時々、、、食べてます。

贈答品にも使っています。

 

0 コメント

2021年

2月

01日

焼きうどんの工程

焼きうどんを作る。

 

最近分かったことは、味付けは最後。

もちろん醤油ベースですが、盛り付けたら鰹節を忘れずに、、、、、。

 

盛り付けたら、必ず写真を撮ること(-_-;)。

 

 

0 コメント

2021年

1月

31日

猪は何処へ

猪は何処へ行った?

糠を食べるのはタヌキや鳥類。

 

この2ヵ月、猪の気配なし。

山奥で沢山の猪が死んでしまったのだろうか、、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

1月

30日

大白木の紅茶

大白木で手摘みお紅茶を作る増井さん。

このたびホームページが出来ました。

 

画像をクリックして、お立ち寄りください。

 

 

0 コメント

2021年

1月

29日

冬キャベツの糖度

昨夜、NHKテレビ「うまいら」で

湖西市のキャンディーキャベツが紹介されました。

 

生産者が「このキャベツは糖度が14です」とおっしゃった。

 

まさか、、、、と疑いました。

そこでネットでその辺のことを調べるところ、

糖度14は無く、糖度12くらいが公式あるいは平均的なところでした。

 

キャベツは寒風にさらされながら、

生命を維持するために糖度を上げて行くとのこと。

 

なるほど、それじゃ平地より平均2℃低い山間の、

けんジイさんのキャベツはどうだ。

 

糖度を測ったところ、なんと糖度13。

まんざらでもないですね、、、、、、、(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

28日

冬の水抜き

散水ノズルをホースに付けたままではいけない。

 

夜のうちにノズルの内部の水が凍り付いて、ノズルが割れる。

翌朝、散水ノズルのとんでもないところから水が噴き出して気が付く。

 

そんなことで500円のノズルを何度か買い替える。

散水ホースが二か所あるから、、、、そのたびに500円ほど損する。

 

先日100円ショップに行くと、なんと100円の散水ノズルが売られている。

半信半疑、、、、買って、、、、使ってみた。

 

結果、グリップが少しギコチナイ、、、を除けば、問題なし。

 

いくらなんでも瞬間湯沸かし器は100円では買えない。

冬は基本的には常に水抜き状態にしておかなければいけない。

何かにつけて、山暮らしは不便ではある。

 

 

0 コメント

2021年

1月

27日

GPSで猟場を確認

スマホやパソコンで、

「静岡県鳥獣保護区等位置図」が使えることを知りました。

 

GPS機能で自分の位置を確認できるので、

禁猟区ギリギリの詳細は別の方法で確認しなければなりませんが、

狩猟には概略が分かれば十分です。

 

浜松市周辺では鳥獣保護区のほか指定猟具使用禁止区域、

つまり銃の使用が禁止されている区域が非常に広く指定されています。

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

26日

ボケとロウバイ

花の名前にしては、

どちらも芳しいとは云えませんが、

寒風の中で清らかに咲いています。

 

0 コメント

2021年

1月

25日

茶園施肥

茶園の施肥。

 

昨夜は久しぶりにまとまった雨が降った模様です。

茶園がシッカリと濡れていました。

 

 

0 コメント

2021年

1月

24日

ネーブル「しらやなぎ」

雨降る中、

友人が自作のネーブルオレンジと、

奥さんの友人が作ったと云うメロンを持って立ち寄ってくれた。

 

今年のネーブルは何時になく大きい。

けんジイさんも同じものを植えてみようと思う。

友人によれば「しらやなぎ」と云う品種らしい。

 

そんな中、近くに住む生後半年の孫。

発熱したので親が病院へ、、、、。

その結果、上の孫をあずかることに、、、、。

 

年老いて行くけんジイさんにいきなり飛びついたり、

キラメージャーだのキメツだの、、、格闘ごっこをさせる孫には、

正直なところ躰がついて行かず、泣かされる(-_-;)。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

23日

バーベキューコンロ新調

久しぶりに雨が降っています。

 

果樹園の剪定整枝作業は一休み。

 

バーベキューのコンロを一回り大きいものにして、

サツマイモのホイル焼きを試してみました。

 

 

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

20日

鹿肉は生で食べれるのか?

表題の質問をたびたび受けます。

 

正しい答え、やはり鹿肉は生で食べない方が良いのでしょう。

 

けんジイさんの子供の頃、一時は家で沢山の鶏を飼って、

卵を農協へ出していました。

 

卵を産まなくなった鶏は家で潰して、フツーに食用に、、、、。

 

家の人には「鶏肉は絶対に生で食べるな」と云われました。

しかし隠れて醤油付けて生食、、、、やめられませんでした。

今でも食堂のメニューに軍鶏の刺身なんてのがあれば、

絶対に注文します。

 

現役の頃、四国の道後温泉に焼肉屋。

誰もが「牛のレバ刺ありますか」と訊く店があり、

出張のたびに食べていました。

 

ごま油と塩、醤油の組み合わせが絶妙な味でした。

(その後、レバ刺しは禁止になりました)

 

あれこれ思い出しながら、

今夜も鹿のユッケで晩酌しています。

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

18日

昨日今日明日 剪定作業

天気が良ければキウイ畑に居ます。

そう云えばしばらく雨がありませんね。

 

罠猟は休んでいます。

エアライフルのカモ猟もまだです。

飲み会、居酒屋、、、もちろんダメです。

 

しばらくの間、キウイ畑です。

 

 

0 コメント

2021年

1月

16日

キウイフルーツの剪定作業

2月末まで、

キウイフルーツの剪定作業のために約70時間ほど使います。

今日は別の仕事を入れたので、2時間で剪定作業を終えました。

 

年々、作業はツラくなってきましたが、

寒さはさほど感じません。

冬の気温が上がっているからでしょう。

 

0 コメント

2021年

1月

15日

整枝 剪定 の勉強会

天竜区の阿多古果樹園で果樹の整枝剪定の勉強会が開かれました。

 

三ケ日でミカン農園をやっているSさん、

磐田で海老芋の栽培をしているNさん、

地元の農家Oさん、

キウイフルーツと茶農家のけんジイさん、

 

全員が趣味で数種の果樹を育てています。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

14日

フキノトウ

春になっていつの日か、

その年にはフキノトウを食べなかったことを思い起こすことが多い。

 

それほどありふれた食材だが、

寒中のフキノトウだったら、ちょっと食べてみよう、、、、となる。

 

天ぷらを塩でいただくのが定番だが、

柚子味噌やニンニク味噌でも悪くない。

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

13日

果樹の整枝 剪定

桃、スモモ、カキ類、柚子、レモン、、、、手入れを終えて一段落。

 

次はキウイフルーツ。

今年の目標、、、、70時間以内で終了、、、、(-_-;)。

 

0 コメント

2021年

1月

12日

年賀状を減らす

表も裏も印刷だけの年賀状に、

手書きで返事をするのはどうも釈然としない。

 

年賀状は遠方で会いたくても会えない人にだけ。

それなら10枚くらいで済む。

そうなれば手書きで、一枚ずつ、心を込めて書けるかもしれない。

 

仕事で知り合って、時々プライベートで酒を飲みかわした友人がいる。

定年してからは会っていないが、

彼は東京都稲城市に居るから、何時かは会えるような気がしている。

 

彼からの年賀状にはガンジーの言葉が引用されている。

明日死ぬがごとく生きよ、永遠にいるがごとく学べ、、、と。

そのような感じで生活している様子がうかがえる年賀状だった。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

11日

ワインにキウイフルーツ

ワインによく合うフルーツと云えば、キウイフルーツです。

 

キウイをかじると口の中がとても爽やかになり、

ワインが新鮮で美味しく飲めます。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

10日

The best place for today

寒い日々。

果樹園の選定作業が進みません。

 

NHKラジオの日曜討論なんか聴き始めると、

座っているだけで、たちまち半日が過ぎてしまいます。

 

スモモ、桃、柚子、柿、柚子の樹はだいたい終わりました。

 

次はキウイフルーツの剪定作業。

やっぱりキウイは12月に、始められませんでしたね(^_^;)。

 

 

0 コメント

2021年

1月

09日

天竜ツーリズムセンター 正月当番

展示コーナーでは天竜区佐久間町の養蜂家、

ハチミツの展示販売中です。

 

けんジイさんはここ何年も日本ミツバチに会っていません。

数年前、最後の巣箱がスズメバチの集団に襲われました。

それ以来、どの巣箱にもミツバチは入りません。

 

現在新しい巣箱の製作を考えております。

キンリョウヘンも順調に育っています。

新しい巣箱の実施はもう少し先になりそうです。

 

0 コメント

2021年

1月

08日

ギターと出会い

近くのカラオケスナックの店主。

80歳になるママが店を閉めた。

 

ずっと店に置いておいたギターを、焼酎一箱と一緒に届けてくれた。

誰が弾いてもいいギターだったが、弾く人は決まっていた。

 

50年も前に使っていたAriaと云うギターだ。

 

コロナ禍でスナックや居酒屋へ行く機会が無くなった。

その上にけんジイさんも歳をとったので、

何処かの酒場にギターを置くなんて、、、、もうないだろう(笑)。

 

吉祥寺に「もずの木」と云う店があった。

年賀状によれば昨年店を閉めたとのこと。

ママがクラシックギターを弾く人で、

若い時に京本輔矩先生(故)に直接習ったと云う。

 

京本輔矩先生と云えばけんジイさんが若い頃、

NHKテレビのギター教室に、

生徒として出演した時の担当先生だ。

 

ギターには数多い出会いと、いろいろな想い出がある。

 

 

0 コメント

2021年

1月

07日

獲りたくない時も 鹿

雄鹿がくくり罠に掛かってしまった。

 

掛かってしまった?

年明け数日は狩猟は休止のつもりで、

かからないよう仕掛けをしたつもりだったが、、、、、。

 

 

 

0 コメント

2021年

1月

06日

大井川鉄道 門出駅

昨年11月にオープンした新しい「道の駅」と大井川鉄道の新駅「門出駅」。

 

駐車場も広く、SLの展示もあり、

見通しの良い場所なので、SLが走る姿が良く見えます。

 

道の駅とは云いながら、新鮮な魚や肉類が豊富に販売されています。

合鴨のロースト(珍しい)と形の良いタコ(酢ダコ大好き)、

マグロ(年に一度の中トロ)の刺身を買って来ました。

 

野菜を含め価格はデパートなみで、

「安いから買おう」と云う物はありませんが、

キャベツや白菜までも新鮮に見えました。

 

少し気になるところは、「半額」の値札。

「ウナギのかば焼き」が半額になっておりましたが、

設定価格は相場の二倍でしたから、

「道の駅」も様変わり、と云ったところです(笑)。

 

 

川根方面に向かうなら、また立ち寄ってみましょう。

 

 

0 コメント

2021年

4月

20日

野菜苗の定植

続きを読む 0 コメント

2021年

4月

20日

野菜苗の定植

とりあえず、、、、ナス、キュウリ、唐辛子、オクラを定植。

 

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

19日

最後のタケノコ

一週間早く始まったタケノコの収獲も、

あっという間に終わりそうです。

 

これから出てくるタケノコは、

細くてひょろひょろしたものばかりです。

 

0 コメント

2021年

4月

18日

山ウドの天ぷら

山ウドの天ぷら。

 

それだけでは済みません。

結局、タケノコ、生シイタケ、タマネギ、サツマイモ、、、、、。

 

 

0 コメント

2021年

4月

17日

イペが咲く

ふと気が付けば、、、、イペの花。

これから緑の葉が伸びてきます。

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

16日

干しワラビ

こんなもの作るより、

旬のワラビを存分に食べることですね。

 

タケノコもいろいろ保存方法をやって来ましたが、

結論は出ました。

旬の内に食べることです。

 

 

 

 

0 コメント