直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

2023年

1月

26日

キウイフルーツ 剪定作業

誰にも会わず、誰とも話さず、誰もいない一日でした。

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

25日

冬らしい冬

その昔、一月の通学路には当たり前の風景でした。

 

やっと冬らしい冬、、、、、と云ったところ(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

24日

野菜の万能ゆで汁

あまった野菜なら大歓迎。

クズ野菜ならなおさらです。

 

二時間茹でて、、、、。

あとは味噌汁、シチュウ、カレー、各種料理に、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

23日

浜松魅惑のsoba楽飲 「佐久間新そばまつり」無事終了

佐久間新そばまつり。

 

ひたすら蕎麦を茹でて、洗い続ける二日間が終わりました。

(けんジイさんの担当なので(^^♪)

 

「もり蕎麦」よりも「かけ蕎麦」が圧倒的に人気。

 

新そばの香りをより味わうには、

やっぱり、もり蕎麦でしょうけど、、、。

(個人的な感想です(^^♪)

浜松魅惑のsoba楽飲。

 

蕎麦打ち道場は天竜区山東にあります。

 

四段の打ち手が四名も居る蕎麦打ちの会ですが、

蕎麦打ちに段級の試験があるなんて邪道、、、、と考える会員も、

ゴロゴロ居ります。

皆、蕎麦好きの老若男女、十数名です。

 

「のし板」4台が設置され、

それぞれに専用の道具一式が用意されています。

 

冷蔵庫には、

常に挽き立ての蕎麦粉や打ち粉、つなぎなどの備えがあり、

会員は打ちたい時、食べたい時、気が向いたときに、、、、。

 

各種のイベント参加は、コロナ禍のために中断して来ました。

今回の「新そばまつり」を皮切りに、

今年は各種のイベントが再開されることを願っています。

 


 

0 コメント

2023年

1月

20日

佐久間新そばまつり ご案内

0 コメント

2023年

1月

19日

箱罠に雄鹿

猪用の箱罠に鹿が掛かるのが、

あまり珍しくなくなった昨今です。

 

立派な角をもった雄鹿が箱罠に掛かっていました。

 

0 コメント

2023年

1月

15日

浜松魅惑のsoba楽飲 佐久間新そばまつり

佐久間新そばまつり。

いよいよ来週となりました。

 

正月の寒空の下で冷たいもり蕎麦、、、、。

(各種トッピング、温かいかけ蕎麦も)

 

「浜松魅惑のsoba楽飲」がお待ちしております(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

14日

木の香る新年会

近所の仲間の新年会。

 

メンバーの一人が間伐材を輪切りにして、

コースターとして配る。

 

木の香りがテーブルに広がり、

日本酒が馬鹿においしい(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

13日

鹿のレバ刺し

レバーの下処理。

効果的な方法は良く知りません。

 

鹿のレバ刺し。

ただレバーを切って皮を剥き、

水がきれいになるまで、ひたすら洗う、、、、それだけ。

 

それだけでも、

結構な味、、、、だと思って(-_-;)食べています。

 

やっぱり牛のレバ刺しを食べたい!!!

 

 

0 コメント

2023年

1月

11日

箱罠再開

けんジイさんの正月が終わりました。

 

今年は卯年、年男。

無事にここまでやってまいりました(^^♪。

 

ムリしないこと。

ブログの更新も一週間に一二回、、、、で良いでしょう。

 

猪猟も年に一頭あれば、、、、良いでしょう。

と云う訳で、本日やっと箱罠を再開しました。

 

 

0 コメント

2023年

1月

06日

自宅待機

二人の孫。

兄は一晩泊り父母と共に帰った。

弟はピアノを練習するからと、

数日泊まると云って残った。

 

弟はその夜発熱。

翌日発熱外来へ行って、3時間半車内で過ごし、

二日ほど食事もせずに眠った。

 

今日はお腹が空いた、と云ってラーメンを、、、、。

子供の回復は早い(^^♪。

 

と云う訳で、けんジイさんとカミさんの自宅待機は本日終了。

 

 

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

05日

塩と胡椒だけで猪ジャーキー

ジャーキーの味付けはソミュール液で決まります。

 

とは云え、猪の場合はむしろ塩だけで漬け込むだけ。

美味しく仕上がります(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

04日

最後のズガニ

川遊びの達人Mさんによれば、

ズガニは12月末までカボチャを餌に飼いながら蟹を喰い、

食べ残したズガニは川に放してやるとの事。

 

と云う訳で、今回のおこぼれが今季の最終に、、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

03日

床材の切れ端でバネ指が治る

私は長い間右手の痺れと痛み(手根症候群?)、

同時に薬指のバネ指に悩んできました。

 

特に冬の朝の痺れがひどく、時には指が真っ白。

毎朝洗面器にお湯を張り、

手が正常になるまで両手を浸けていたものです。

 

今年の4月、その痛みと痺れが一週間後ピタリと止んだのです。

 

それは、温活フローリングと云うこの床材の切れ端を、

ソファーの足元に置き、テレビを観ながら、

足を乗せていただけのことでした。

 

バネ指は相変わらず、、、、でしたが、

そのまま同じ動作をしているうちに、

バネ指がすっかり元の指に治っているのに気づきました。

 

それから半年間経過しました。

両手は蘇ったままで、、、、、元気です(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

02日

年賀状

たつかわ山の幸物産展にて
たつかわ山の幸物産展にて

年末にプリンターが壊れてしまいました。

年賀状が送れるかどうか、、、、(-_-;)。

 

早々にご挨拶をくださいました方々に、

御礼申し上げます。

 

 

0 コメント

2023年

1月

01日

あけましておめでとうございます

卯年。

年男のけんジイさですす。

今年もよろしくおねがいします(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

31日

年越しの蕎麦打ち

蕎麦打ちは久しぶりです。

 

少し変形しても構わない理由があります。

 

切れ端は素揚げで美味しく、、、、(^^♪。

0 コメント

2022年

12月

30日

浜松魅惑のsoba楽飲にて

0 コメント

2022年

12月

29日

スッポンで忘年会

マーボおじさんのところで忘年会。

 

けんジイさんの担当はスッポン料理。

このサイズ二匹では、、、、、スッポン汁くらいか。

 

 

0 コメント

2022年

12月

28日

今年は早いぞ正月飾り

いつになく早めの正月飾り。

 

カミさんによれば、

南天の実の配置にセンスを欠く、、、、とのこと。

 

 

0 コメント

2022年

12月

25日

5回目のワクチン

ケーキも鶏のモモも出ませんでしたが、、、、。

 

五回目のワクチンも終わりましたし、、、、、。

 

そろそろ正月の準備でもはじめましょうか(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

12月

24日

剪定作業に新兵器?

キウイフルーツの剪定の時期がやって来ました。

 

手鋸に代わってこんなもの買ってみました(^^♪。

 

充電器で作動する片手チェーンソー、、、、と云ったところです。

 

 

0 コメント

2022年

12月

23日

浄化槽設置工事

町の小高いところで工事やっています。

久しぶりの重労働で汗かいて、、、、。

 

 

0 コメント

2022年

12月

22日

感動の無い冬至

NHK TV「チコちゃんに叱られる」によれば、

歳をとると一年がとても短く感じるのは、

毎日の生活に感動が無いから、、、、とのこと。

 

そんなことはどうでもよい、、、と思いつつ、

感動の無い冬至を迎えています(^^♪。 

今年のカボチャはバターナッツです。

0 コメント

2022年

12月

21日

森は泣いてはいるけれど

この数年、伐採現場に出くわすことが多い。

ウッドショック(値上がり)と云う言葉も社会に馴染んでいる。

 

しかし本当の意味でのウッドショックは、

丸太の価格が五分の一ほどまでの値下がりだろう。

 

それによって山林保有者が林業経営の意欲がなくなった。

間伐もされない森や切りっぱなしの禿山が増えるばかり。

 

国の林業政策が功を奏したという話は、日本史上無い。

山岳地形や木材の利用価値、森の所有環境、、、、。

いろいろ複雑なのだろう。

 

森林保有者がある程度のボリュームで木を切れば、

植林や下刈りなどのメンテナンスに補助金が出ると云うことだから、

森林を守ってくれた先祖のある家庭では喜ばしい。

 

なぜなら手元に森林伐採後の手取りは泣けるほど少なかろうが、

森を子孫に残してあげられるだけでなく、

木を売ればその時点でそれなりの勘定になるのだ。

 

森林所有者が木を切って国の補助を受けたいなら、

これを書類の作成から全てを代行してくれるのが森林組合だ。

 

値下がりのウッドショックの本質の一つは、

日本の林業政策のすべてが森林事業従事者補助事業になってしまった事、

なのかも知れない。

 

 

0 コメント

2022年

12月

20日

吉川英治の愛した、、、

我が家にこのお菓子を選んでくれた人。

私とは面識はないが、

ときどき私のブログを夫婦で見てくれるようです。

 

そう云えば現役時代に青梅の方面に定期的に出張していた時期も、、、。

そう云えば車を運転中に偶然「吉川英治記念館」なるものに

出くわし立ち寄ったことも、、、、。

 

吉川英治の作品は「三国志」と「宮本武蔵」しか読んでいないが、

三国志は何かにつけ話題が豊富で、私の会話の重要なネタ。

 

そんなことをブログに記した覚えはないですが、

「吉川英治が愛した、、、、、」

、、、、このタイトルにはマイリました(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

12月

19日

感染症隔離期限?

カミさんがコロナ恐怖症になったので、

人と酒を飲み騒いだ後は、、、、山に一人で泊ります(-_-;)。

 

一人になっても酒の量はあまり変わらないようです(^^♪。

 

0 コメント

2022年

12月

18日

富士山を眺めながら

コロナ禍ではありますが、全国旅行支援割引でバス旅行。

御殿場、焼津あたりで羊羹の店やら地ビール、せんべいの里、お魚、、、。

 

バス旅行は何年ぶりでしょう。

あちこちの富士山を眺めながら、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

17日

ミカン狩り

4人連れだって三ケ日のミカン農家へ。

 

自分で採ったミカンを計り売りしてもらいます(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

16日

鹿レバー

一昨日、畑の鹿よけネットに引っかかった鹿は、

解体して畑の持ち主にあげました。

 

けんジイさんはレバ刺しをいただこうと思い、

用意しましたが、思いとどまって焼いています(^^♪。

 

レバ刺しは一度冷凍しないと、絶対にいけません。

 

 

0 コメント

2022年

12月

15日

海苔網

春野の山奥の集落に用事があって、

知り合いの家に立ち寄ると、

大量の海苔の養殖に使う網をくれました(^^♪。

 

以前もいただき、シイタケ栽培や鹿よけネットとして、

また畑の栽培にも便利です。

 

浜名湖で使った網が春野の山奥にあるのも不思議?ですが、

非常に丈夫なので、他に利用できないか考えています。

 

 

0 コメント

2022年

12月

14日

鹿が網に

雄鹿の角が山や畑の鹿よけネットに引っかかる。

これまで5回ほど見ました。

 

昨夜、深酒をして(^^♪、寝ているけんジイさんを村人が

起こしに来ました。

と云うことで、「山暮らし」のカテゴリーが突然「狩猟」に、、、。

 

 

0 コメント

2022年

12月

13日

最後の種蒔き

雨が有難い。

 

種の残り物を全部蒔いて、

あとはどうなるか分からないが、、、、育てば儲けもの(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

12日

焼酎の飲み方 金魚?

キンギョ、、、、なんて呼ばれる焼酎の割り方があるらしいです。

 

氷では?

やっぱりお湯割りでないと香りは出ませんね(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

11日

マイルストーン 天竜珈琲焙煎所

コロナ禍もさることながら、

老いの速度もこころなしか早まり、

ついにジャズライブに出かける機会もエネルギーなくなりました(-_-;)。

 

せめてものひと時の癒しを求め、

生まれ育った天竜区横山町にポツンとあるジャズカフェへ(^^♪。  

 

感染症が始まってからは一度も行ってないので、3年ぶりか、、、。

 

以前にはなかったが、素晴らしいホームページが出来ていたので、

紹介します。

素晴らしいというのは、

書いてある内容が素朴で純粋なのです。

 

 

0 コメント

2022年

12月

10日

抜き菜が最高!

抜き菜をお浸しにしたりして、楽しんでいます(^^♪。

今は菜花、、、、、まだまだ抜けますネ。

 

 

 

0 コメント

2022年

12月

09日

長生きはしたいけど?

近所のお爺さんが嬉し気に云ってました。

 

今夜は孫が東京から「俺と呑みたい」と云って来るんだよ。

 

お孫さんは24歳とか。

けんジイさんも孫と付き合いたい気持ちはありますが、

それほど長生きは、、、、、、無理でしょう(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

12月

08日

三年ぶりの忘年会

近所の仲間と忘年会。

三年ぶりかな~~(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

07日

ダイコン初収穫

やっと自家製の大根が取れるようになりました。

皮も葉っぱも残さずいただきます(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

06日

A君と再会

高校三年生のけんジイさんはバンドで指揮棒を振っていました。

A君はテニス部の部長だったから、

時間を共有することはありませんでした。

 

それでも何故か気が合っていて、

休日に佐久間ダムのツーリングを楽しんだりもしました。

 

そのA君が東京から墓参りに来るということで、

五十数年ぶりに再会。

 

有難いことに、A君も酒飲みだった(^^♪。

3年も行かなかった居酒屋に行くと、

何とマイボトルが二本、ちゃんと確保されており、これも有難い(^^♪。

 

本日二日酔いで調子が出ない理由です。

 

 

0 コメント

2022年

12月

05日

タマネギの植え直し

0 コメント

2022年

12月

04日

初めての草滑り

生まれて初めての草滑りなら、誰も居ない早朝がいいでしょう。

 

 

 

0 コメント

2022年

12月

03日

観光協会 12月当番

少し前まで、

御城印を10枚も買って行くお客様がおりました。

転売が目的なのは分かりますが、

ネットでこれを買う人がいるとすれば、世の中は面白い。

 

さすがに今日のお客様は、天竜を訪れた記念として、

東京、埼玉、千葉、滋賀、愛知県の各地より。

お一人が一枚。

複数枚欲しいというお方はいなかった(^^♪。

 

浜松南区からママチャリで二時間かけてきてくれた高校生。

無事に帰っていますかな、、、、、。

 

0 コメント

2022年

12月

02日

大根は皮が美味しい

大根の皮が美味しい。

 

少し苦みがあって、歯ごたえ良し、香り良し(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

12月

01日

鍋焼きうどんプラス

炭火で鍋焼きうどんをやりながら、

芋焼酎のお湯割りで過ごします(^^♪。

 

今夜は抜き菜を足して、少しだけ豪華に、、、、。

 

 

0 コメント

2022年

11月

30日

夜景を楽しむ?

山に泊まっています。

 

風呂の窓から街の灯りが見えますが、

山の夜は寒すぎて、、、、、それほど夜景を楽しむ雰囲気はありません。

 

 

0 コメント

2022年

11月

29日

シクラメン

夏はハイビスカス。

冬は、、、、、、、、シクラメンでしょう(^^♪。

 

親戚が豊橋のシクラメン市みたいなところで買ってきてくれました。

 

来年は自分で行きたいね。

 

 

0 コメント

2022年

11月

28日

運転免許更新のため

長い間、優良運転手でありましたが、、、、。

 

いよいよ高齢者講習を受けるハメになりました。

免許の期限も3年だけ、、、、、みたいです(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

27日

小川の里 マーボおじさん

小川の里(キャンプ場)のマーボおじさんは、

けんジイさんの同級生で飲み友達、、、、ってところです。

 

鮎漁師のマーボおじさんから、いつも生鮎や冷凍鮎をいただきます。

今日はキウイフルーツと、

昨日仕上げた鹿ジャーキーを差し入れに行きました(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

26日

生木が燃える

ストーブで焚く薪。

ただ乾燥していれば良いと云うモノでもありません。

 

乾燥し過ぎていると、メラメラと直ぐに燃え尽きてしまいます。

 

今年の夏まで立木だったメープル。

生木ですが、他の薪と一緒になると、

自ら乾燥して、、、、やがて燃え始めます。

長く燃えますので、このような生木も薪として必要です(^_^;)。

 

0 コメント

2022年

11月

25日

鹿ジャーキーのコツ

ジャーキー作りの工程では、

加熱の前に肉の表面に着いたソミュール液を乾かす必要があります。

 

けんジイさんの場合は、

加熱できる状態にしてから扇風機を使います。

 

0 コメント

2022年

11月

24日

酒の肴に原木ナメコ

原木ナメコを採って、冷凍庫に入れる毎日です。

 

たまには、その日に採ったナメコを大根下ろしで食べます。

「ナメコおろし」は醤油だけでも、麺つゆを使っても、

ポン酢でも、、、、、なんでもイケます(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

23日

ウォトカ

けんジイさんがドストエフスキーの「罪と罰」を読んだのは、

21歳の頃でした。

だれだって、その「ウォトカ」と云うモノに興味を持つことでしょう。

 

 

この冬はウオッカのソーダ割りが良さそうです。

 

とにかく、重要なことは、

ロレツがまわらなくなる前に止めることでしょう(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

22日

腕時計の電池交換

腕時計の電池交換。

一頃はホームセンターのカウンターでやってくれました。

 

カミさんが私の腕時計を専門店に持ち込み、

電池交換を頼んだところ、3軒で断られたそうです。

 

「グランド セイコー」は男性が居ないので出来ません、、、なんて、

訳の分からないことまで云われたそうです。

 

結局、電池交換はカミさんにやってもらいました。

 

 

0 コメント

2022年

11月

21日

エリーゼのために

5年生の孫。

夏休みの間に「ねこふんじゃった」を弾けるようになった。

今度は「エリーゼのために」をはじめた。

カミさんに熱心に弾き方を習うが、家にピアノがないので

どこまでやれるか、、、、、。

 

 

 

0 コメント

2022年

11月

20日

35回 たつかわ山の幸物産展

物産展が無事終了(^^♪。

 

採りたてのキウイフルーツを中心にテント販売をしました。

息子家族も前日より泊まって賑やかなイベントになりました(^^♪。

特設ステージではアコーディオンデュオや金管バンドの演奏。

 

天気予報は「雨」、と云う訳で餅投げの代わりに袋入りのお菓子が

配られました。

片づけが終われば恒例の「反省会」(^^♪。

0 コメント

2022年

11月

19日

遅すぎたナメコの収獲

ナメコはタイミングよく収獲しないといけません(-_-;)。

 

傘が開いてしまう前に採りたいところです(^^♪。

 

0 コメント

2022年

11月

18日

唐辛子再び開花

収穫を終えた唐辛子。

いつの間にか再び花が咲き、青唐辛子が出来始めています。

 

これは特別なことではなく、昨年もそうだった、、、、と思います(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

17日

キウイフルーツ「ヘイワード」

グリーンキウイ「ヘイワード」は酸味と甘みのバランスが良く、

晩生キウイフルーツの代表です(^^♪。

 

採りたてのキウイは糖度7%くらいですが、

追熟が進むと、糖度が14~15%に上がります。

 

美味しさは糖度の高さだけではなく、

バランスよく酸味が増すことにより、、、、出来上がります。

 

 

0 コメント

2022年

11月

16日

手元スイッチ

いろいろな手元スイッチを買い、

山での生活を改善しようとしています(^^♪。

 

電動工具や照明、ラジオ、、、、とても便利になりました。

 

落雷時のダメージも回避できるそうですが、、、本当でしょうか。

 

 

0 コメント

2022年

11月

15日

最良のおもちゃは「ダンボール箱」

孫二人を泊まり込みで二日あずかることになりました。

 

ダンボール箱が一つあるだけで、楽しく過ごせたようです(^^♪。

 

いつの間にかお疲れで、、、、眠りこけてました(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

11月

14日

タマネギ定植

極おくのタマネギ 200本を植えました。

 

ちょっと密になり過ぎたかも?

 

 

0 コメント

2022年

11月

14日

ヘイワード 収穫中

キウイフルーツ(ヘイワード)ご注文の電話・メール、

お問合せありがとうございます。

 

えっ もう終わり?? 毎年買ってるのに連絡なかったじゃん!

、、、、、、昨年はこんなこともあり、申し訳ありませんでした。

 

 

 

採りたてのキウイフルーツは追熟に時間が必要です。

リンゴ(エチレンガス効果)や、やや暖かな部屋に置いて、

追熟させてください。

 

 

0 コメント

2022年

11月

13日

試行錯誤の刃物

今月は猪鹿猟はお休みします。

 

獲物の処理は試行錯誤。

色々試して、、、、、、、。

 

 

0 コメント

2022年

11月

12日

皆既月食とは云いますが

このところ、皆既月食で家族も賑わいました(^^♪。

 

毎日毎日が、、、、、そういう日々でしょうね。

 

 

0 コメント

2022年

11月

11日

タマネギ畑をつくる

頃合いを見て、

畑を耕し、肥料をまいて、タマネギの定植の準備をしています。

 

 

0 コメント

2022年

11月

10日

キウイフルーツ 冷蔵庫

大型冷蔵庫の掃除やコンテナ洗浄で一日が終わりました。

 

 

0 コメント

2022年

11月

09日

煙突掃除

煙突は一年に一度は掃除するものだと思っている人が多い。

 

煙突は空気の吸い込みが悪くなったら行えば良い、、、と思う(^^♪。

そんなわけで、こんなになるまで我慢しました(-_-;)。

 

 

0 コメント

2022年

11月

08日

吊るし柿

手間をかけて吊るし柿をつくる方々が、年々少なくなっています(-_-;)。

 

父が生前植えた柿の木も、今となっては間尺に合わないようです(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

11月

07日

レッドプリンセス(紅心)収穫

早生キウイフルーツ「レッドプリンセス」を収穫しました。

「紅心」とも呼ばれ、果実の中心に赤みがあります。

 

酸味が少なく、まろやかな甘みが特徴です。

 

 

0 コメント

2022年

11月

06日

炭やきごんべえさん家へ

ヨッ、いい男(本当です)
ヨッ、いい男(本当です)

炭やきごんべえさんは三ケ日のミカン農家。

全ての仕事に熱心で、面白くて、人を楽しませる達人です(^^♪。

 

最近シャインマスカットの栽培にも熱心で、

栽培面積も増やしています。

 

今日はミカン採りに友人知人その家族が集まりました。

 

お昼はカレーライス、甘口中辛激辛の三種とご飯は白米か玄米。

 

そのあとはミカンの糖度コンテスト。

甘いミカンの見分け方を競いました。

その結果はなんとけんジイさんが一位、ミカンの瓶詰ゲット。

 

自分が採ったミカンはコンテナ2杯、、、、お土産でした(^^♪。

1 コメント

2022年

11月

05日

老朽化のレール

モノラックのレールも35年も経つとあちらこちらに支障が出る。

 

支柱を打ち直し、ボルトを締めなおして、、、、一件落着(^^♪。

 

あと数ヵ所。

キウイフルーツの収穫までには何とかしましょう。

 

 

0 コメント

2022年

11月

04日

猪親子 2頭

昨日仕掛けた箱罠に、親子2頭が入りました(^^♪。

 

子猪は小さくてモノになりませんが、

母親は美味しそう、、、、でした。

0 コメント

2022年

11月

03日

せめて箱罠だけは

猟期が始まりました。

 

例によって11月のけんジイさんは小忙しくて、、、、罠も始まりません。

 

と云う訳で、

鹿猟はおあずけ、せめて猪用の箱罠二台設置しました。

0 コメント

2022年

11月

02日

緑茶 袋詰め作業

たつかわ山の幸物産展のために、商品をつくっています。

 

当日はキウイフルーツを中心にテント販売します(^^♪。

0 コメント

2022年

11月

01日

おはたき餅

おはたき、、、、の説明は検索エンジンに譲るとして、

遠州地方ではこう呼ぶ。

 

掛川に住む友人に頼んで買ってもらう。

五平餅風にしたり、きな粉で、、、、、たまになら美味しい(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

10月

31日

秋の茶園

秋の刈り落とし作業が終わりました。

 

 

0 コメント

2022年

10月

30日

柿畑にて

柿の収獲が本格的になる前に、、、、、ちょっと一杯(^^♪。

 

特大の猪鍋、、、、、シッカリと食べ干しました。

0 コメント

2022年

10月

29日

猟解禁 迫る

猪と鹿の猟が11月1日より解禁となります。

 

三年くらい前、猟の師匠に「これからはこの方式がいい」

と云っていただいたものが、右側です。

なるほど、くくるスピードは上がりそうです。

 

けんジイさんはいまだに旧式の方法でやっています。

本当に右側の方が良いのでしょうか、、、、迷っています(-_-;)。

 

 

0 コメント

2022年

10月

28日

フェイジョア

20年か30年、昔のことですが、

家に「フェイジョア」の栽培に関する本がありました。

 

その前後、父は何本かの苗を購入したようですが、

今、何処にも苗木が育った様子はありません。

 

今はその果実が店頭で売られています。

初めて買ってみましたが、味はフツー、、、、です。

 

今となっては、父がこの果実にあまり熱心でなかったことを、

嬉しく思います(^^♪。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

27日

キウイフルーツの追熟剤

エチレンガスは空気より軽くて、無害です。
エチレンガスは空気より軽くて、無害です。

キウイフルーツの追熟についてのお問合せがあります。

 

当方では追熟剤の販売はしておりませんのでご承知ください。

 

キウイフルーツの追熟促進剤はJAを通して購入できます。

JAによっては、ルートが無いという理由で扱わない所もあります。

 

追熟促進剤が無いとキウイフルーツが熟れないわけではありません。

 

ご家庭では、22~23℃の部屋に放置するだけで追熟が進みます。

 

採りたてのキウイフルーツの糖度は約7度。

熟すと14度~15度に変化します(ヘイワードの場合)。

 

食べる直前に冷蔵庫で冷やして食べるのが、おススメで(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

10月

26日

夏草の刈り払い

夏草を刈り払い、モノラックのレールが開通?。

キウイフルーツの収獲、、、準備中です(^^♪。

 

0 コメント

2022年

10月

25日

冬支度完了

ストーブ用の薪。

今年の冬の分は集まりました(^^♪。

 

0 コメント

2022年

10月

25日

柚子胡椒はお休み

柚子が少し色づいた感じです(-_-;)。

 

柚子胡椒。

唐辛子の実が青いうちにやらないと、、、。

 

今年はお休みさせていただきましょう(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

24日

畑じまい ナスとオクラ

ナスもオクラも収穫が終わりました。

沢山お世話になりました(^^♪。

 

 

肉類はもちろんですが、野菜も炭火で焼くといいです。

 

特にナスの丸焼きはおススメです。

今どきの山で収獲するナスは、

皮が厚くて硬いので、、、、、バスッと爆ぜて割れるまで焼きます(^^♪。

 

0 コメント

2022年

10月

23日

大生姜収穫

下ろし生姜を一年分作り冷凍。

一部を紅生姜 漬ける。

残りはそのまま、、、。

 

 

0 コメント

2022年

10月

22日

コンニャク芋収穫

コンニャク芋収穫。

5㎏茹でて冷凍、1㎏コンニャク作る。

 

 

0 コメント

2022年

10月

21日

佐久間 新そば まつり 2023 お知らせ

過去の新そばまつり
過去の新そばまつり

二年連続で中止された恒例の新そばまつり。

 

来年は 1月 21日 22日( 土 日 )開催されます。

 

浜松魅惑のsoba楽飲 (^^♪ 出店します。

 

 

0 コメント

2022年

10月

20日

初めての真菰

この歳になっても、ときどき生まれて初めて口にするモノがあります。

 

本日は「まこも」を食べました。

 

天ぷらもあっさりして美味しいですが、

ごま油でしっかりと炒めて、

塩コショウでいただくのがおススメです(^^♪。

0 コメント

2022年

10月

19日

ヘチマを茹でる

ヘチマ束子の作り方には幾つかありますが、

今回、早めに収穫したものを20分ほど茹でてみました。

 

皮がズラズラと剥けました。

洗って、陰干しするだけで完成です。

種は乾燥すると自然にこぼれ落ちます。

 

昔ながらのドブ漬けは、

お金はかかりませんが、悪臭に悩まされます。

 

0 コメント

2022年

10月

18日

思わずストーブ

山に泊まっています。

今夜は冷え込み、思わずストーブに火を入れました(^^♪。

 

 

0 コメント

2022年

10月

17日

レッド プリンセス

早生種のレッドプリンセスは11月早々に収穫です。

 

ヘイワードのような酸味が無く、

まろやかな甘さがレッドプリンセスの特徴です。

 

 

0 コメント

2022年

10月

16日

第35回 たつかわ山の幸物産展(ご案内)

たつかわ山の幸物産展が開催されます。

 

令和4年 11月 20日(日)

横山小学校グランド

 

けんジイさんのキウイフルーツ。

 

ヘイワードやレッドプリンセス、出品いたします。

どうぞよろしくおねがいします(^^♪。

 

第33回 たつかわ山の幸物産展 (浜松市ホームページより)

0 コメント

2022年

10月

14日

茶園の刈り落とし

毎年、10月末に茶園の刈り落としをします。

 

そのための準備をしています。

一台目のエンジンがかかって、一安心(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

13日

三日七日

ネットより画像をお借りしました
ネットより画像をお借りしました

叔母の葬式から、早や7日経った。

 

フツーの葬儀なら、

その日のうちに三日目と七日目のお経をあげるものだが、

この家では、

七日のお経を七日目に行うというものだった。

 

住職の法話もなかなか面白かった。

 

「女あり 二人ゆく 若きはうるわしく 老いたるは なおうるわし」

 

アメリカの詩を引用して、

歳と共に輝きを増せ、、、、と云うことか、、、(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

12日

10月のカマキリ

トンボもバッタも居りません。

 

10月のカマキリは、なぜか悲しげです。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

11日

鉄道の150年 鶏の足

画像はnetにあるものをお借りしました
画像はnetにあるものをお借りしました

1970年に初めて香港に行った。

将来この地が中国に返還されるそうだが、

まだまだ先の事、、、、、と云う雰囲気だった。

 

九龍鉄道に乗って中国との国境を見に行った。

鉄道の中で赤い顔をしたオバちゃんが、

首に掛けた大きなプレートで、鶏の足を車内販売をしていた。

 

珍しければ先ず食べてみる人、、、、、の私。

このグロテクなシロモノには手が出せなかった、、、、(^^♪。

 

半世紀後の今は、、、、、それが悔やまれる。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

10日

鉄道の150年 コンパートメント

西鹿島駅 けんジイさんの住むところ
西鹿島駅 けんジイさんの住むところ

日本の鉄道が初めて開通して、今年は150周年とのこと。

 

どおりでTVでもラジオでも、鉄道に関する番組が実に多い。

「呑み鉄」や「鉄たび」は序の口。

プレミアムカフェ鉄道番組、ぶらり鉄道旅、、、。

ラジオ深夜便も鉄道がテーマになる回数がやたらと多い。

 

なるほど鉄道は親しみ深く、

その想い出は誰にでも沢山ありそうだ。

 

イタリアの南の端からローマを通って、ピサまでの長距離を

ほぼ一日かけて鉄道で移動したことがある。

現役時代、会社の同僚との三人だった。

 

その鉄道の客車がコンパートメントだと云うことに気が付いたのは夜中、

ピサに到着する寸前だった(笑)。

 

結局横になって休んだのはたったの1時間ほどだった(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

09日

叔母が逝く

実家の長男ということで、こどもの私を可愛がってくれ、

成人してからの私にも何かと気遣ってくれた叔母の一人が、

一昨日、94歳で亡くなった。

 

生花も籠モリも菊の花に限られ、

白砂糖や葬式パンなどが配られる昔ながらの、

しめやかな葬儀だった。

 

 

0 コメント

2022年

10月

08日

相変わらずメープル倒木

太い丸太はこの辺で終了です(^^♪。

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

26日

キウイフルーツ 剪定作業

続きを読む 0 コメント

2023年

1月

26日

キウイフルーツ 剪定作業

誰にも会わず、誰とも話さず、誰もいない一日でした。

 

 

 

0 コメント

2023年

1月

25日

冬らしい冬

その昔、一月の通学路には当たり前の風景でした。

 

やっと冬らしい冬、、、、、と云ったところ(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

24日

野菜の万能ゆで汁

あまった野菜なら大歓迎。

クズ野菜ならなおさらです。

 

二時間茹でて、、、、。

あとは味噌汁、シチュウ、カレー、各種料理に、、、(^^♪。

 

 

0 コメント

2023年

1月

23日

浜松魅惑のsoba楽飲 「佐久間新そばまつり」無事終了

佐久間新そばまつり。

 

ひたすら蕎麦を茹でて、洗い続ける二日間が終わりました。

(けんジイさんの担当なので(^^♪)

 

「もり蕎麦」よりも「かけ蕎麦」が圧倒的に人気。

 

新そばの香りをより味わうには、

やっぱり、もり蕎麦でしょうけど、、、。

(個人的な感想です(^^♪)

浜松魅惑のsoba楽飲。

 

蕎麦打ち道場は天竜区山東にあります。

 

四段の打ち手が四名も居る蕎麦打ちの会ですが、

蕎麦打ちに段級の試験があるなんて邪道、、、、と考える会員も、

ゴロゴロ居ります。

皆、蕎麦好きの老若男女、十数名です。

 

「のし板」4台が設置され、

それぞれに専用の道具一式が用意されています。

 

冷蔵庫には、

常に挽き立ての蕎麦粉や打ち粉、つなぎなどの備えがあり、

会員は打ちたい時、食べたい時、気が向いたときに、、、、。

 

各種のイベント参加は、コロナ禍のために中断して来ました。

今回の「新そばまつり」を皮切りに、

今年は各種のイベントが再開されることを願っています。

 


 

0 コメント

2023年

1月

20日

佐久間新そばまつり ご案内

0 コメント