入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

だれかに教えたい生シイタケの使い方

水分がまだ残っている干したシイタケ
水分がまだ残っている干したシイタケ

時々「生シイタケ」の保存方法を問われる。

 

①そのまま「冷蔵庫」。

②石突きを切って「冷凍」する。

 

実はもっといい方法がある。

先ず保存したいものを二つに分ける。

 

 

 

 

①水分の少ない、形の良いもの、は「冷凍」か「冷蔵」。(前項の①②)

 

②傘の開いたもの形の悪いものなどは、幅15mmくらい(適当)にスライスし、

 天日で一日干す。

 

②は乾燥シイタケではない。

「干したシイタケ」だから中途半端に水分がある。

水で戻してもダシは出ない。(だから良い)

 

この「干したシイタケ」をそのまま味噌汁に、シチューやカレーの具として煮込む。

 

詳しい説明は省くが、シイタケの水分量によっては、最高の「炒め物」にもなる。

中華料理に「木クラゲ」を使うが、「目的も結果も」同じだと思う。

 

 

シイタケの保存と、歯ごたえを楽しむ使い方でした(笑)。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    pumiwo (火曜日, 22 11月 2011 15:44)

    なるほど
    戻さずにすぐ使えるシイタケ…
    こんどシイタケが安く買えたときにやってみます!

  • #2

    伊藤健蔵 (火曜日, 22 11月 2011 19:02)

    pumiwo さま
    ありがとうございます。
    水気の多いシイタケは3日くらい干したほうがいいですヨ。