生死に直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

山暮らし

山暮らし · 2021/08/01
これから一ヵ月、キウイフルーツの実はどんどん大きく成長します。 11月の収穫まで、 時々摘果したり摘心したり、下草の除草をするだけです。
山暮らし · 2021/07/31
セッコク(長生蘭)の花は5月に咲く、、、、、と云う印象がある。 しかしこの頃、7月~8月に咲いているこの花も、セッコクである。 せっかくだから(^^♪、、、この花の名前も調べてみよう。 色々やってみて、名前は解明できなかったが、 なかなかいい解説をしているサイトがあったので、 記録しておこう。
山暮らし · 2021/07/29
梅を漬けた赤紫蘇を乾燥させて粉砕したものを、 「ゆかり」と云います。 白いご飯にパラっとふりかけて、、、。 それは一昔前のこと。 焼酎の紫蘇割り、、、、それもまた昔の好みでした。 とは言え、捨てるワケにはゆきません。 とりあえず日に干して水分を抜き、保存しましょう。 何はともあれ今宵は麦焼酎の紫蘇割りか、、、、(^^♪。
山暮らし · 2021/07/27
赤い蘇鉄の実も熟れるころ、、、と田端義夫が歌った蘇鉄です。 山の家の庭先に数年前に地植えした蘇鉄。 今年は花が咲きました。 この花が赤い実をつけ、熟れるとどうなるかはともかく、 蘇鉄の花は10年に一度とか、、、めったに咲かないとのことです。 これからも、たまに覗いてみましょう(^^♪。
山暮らし · 2021/07/26
山菜の代表、、、ワラビ。 大きく育ったワラビはただのシダ。 しかし手入れさえすれば、今頃までワラビを採ることができます。 しかしだれも夏のワラビを食べようとしませんね。 畑にもっとイイものが沢山あるからでしょう。
山暮らし · 2021/07/23
変形奇形、、、そして出遅れた小さな果実を摘み落とします。 ついでに邪魔な立枝や蔓を切り、果実の周辺を整えます。 全ての作業は、よりいいものを、より取りやすくするためです。
山暮らし · 2021/07/22
塩漬けの梅を干しました。 今日の日差しなら一日干せば、梅干しが出来上がります。 土用干しの目的は、水分を飛ばし保存性を高めることです。 さて、干した梅をどのように保存するか? そのまま梅酢に戻す。 少しだけ梅酢を入れてシットリとさせ保存する。 乾いた梅をそのまま保存する。 色々迷いますが、、、、全部やっています(^^♪。
山暮らし · 2021/07/13
オクラです。 先ず育ち始めから実をつけてくれます。 毎日収獲できます。 秋口まで収獲できます。 多すぎるときは、 軽く茹でて細かく切って冷凍、、、、季節外れに納豆に入れます。 花が綺麗です。
山暮らし · 2021/07/11
さくmいろいろな釣りをやって来ました。 ハゼ釣りだけは、どうもやる気になりません。 ハゼ釣り名人からいただいているせいなのかも知れません。 野菜やイモ類もいろいろやりました。 今だにやったことが無いのがサツマイモ。 近くの知り合いや遠くの知り合い、 親戚からも、、、いただくせいでしょうか。
山暮らし · 2021/07/10
ケイトウの苗を、三種類の鉢で育ててみた。 最も小さな鉢植えのケイトウが一番元気に育っている。 意外だ。 「鶏頭の十四五本もありぬべし」と正岡子規の俳句にあるらしいが、 鶏頭は秋の季語、との事。 意外だ。 秋に、この花たちの表情を観てみよう。

さらに表示する