生死に直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

 · 

鹿肉は生で食べれるのか?

表題の質問をたびたび受けます。

 

正しい答え、やはり鹿肉は生で食べない方が良いのでしょう。

 

けんジイさんの子供の頃、一時は家で沢山の鶏を飼って、

卵を農協へ出していました。

 

卵を産まなくなった鶏は家で潰して、フツーに食用に、、、、。

 

家の人には「鶏肉は絶対に生で食べるな」と云われました。

しかし隠れて醤油付けて生食、、、、やめられませんでした。

今でも食堂のメニューに軍鶏の刺身なんてのがあれば、

絶対に注文します。

 

現役の頃、四国の道後温泉に焼肉屋。

誰もが「牛のレバ刺ありますか」と訊く店があり、

出張のたびに食べていました。

 

ごま油と塩、醤油の組み合わせが絶妙な味でした。

(その後、レバ刺しは禁止になりました)

 

あれこれ思い出しながら、

今夜も鹿のユッケで晩酌しています。