入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

生死に直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

 · 

七夕豪雨を思い出す

特別大雨警報、線状降水帯、90年に一度、、、、。

聞きなれない言葉を聴きながら、

このところ多くの時間をテレビとラジオで過ごす。

 

キュウリとナス、しし唐、ピーマン、、、最早収穫など忘れるしかない。

山へ上がる林道は、何処で土砂崩れや倒木があっても不思議ではない。

 

四十数年前の水害を思い出す。

「七夕豪雨」で先輩の一人は母親と共に裏山の土砂崩れの犠牲となった。

悲しいほど皮肉にも、

もう30分帰宅が遅れたら、少なくとも彼の命は助かった、、、。

そんな状況だった。

 

「少しでも命の助かる可能性の高い行動」も結果論か。

 

今日はテレビとラジオの一日になりそう。

 

 

七夕豪雨とは:

台風8号が梅雨前線を刺激したため、1974(昭和49)年7月7日~8日にわたり、

市内全域に集中豪雨をもたらした。
7日の午前10時頃より断続的に強い雨が降り、

山間部では午後11時からの1時間に降雨量が90mmを越すほどの豪雨となった。

そのため都田川は急激に増水して堤防が決壊、馬込川でも増水により

川沿いの地域で多くの家屋が浸水した。

白洲町(現:西区白洲町)や佐浜町(現:西区佐浜町)では崖崩れによって計4名の命が奪われている。
この豪雨による被害は大きく、災害救助法が発令され、自衛隊ヘリなどが出動した。

(浜松情報BOOK ウエブサイトより)