入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

生死に直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

 · 

古橋クロマティック ハーモーニカ コンサート

浜松音楽工房ホールで開かれたハーモニカコンサート。

小雨降る中、カミさんと出かけました。

 

古橋先生は元々複音ハーモニカをやっておられました。

近年クロマティック ハーモニカに転向され、

FCF古橋クロマティックファミリー(ハーモニカの愛好家グループ

を主催、ハーモニカ音楽の教育と普及活動をされています。

 

けんジイさんはクロマティックハーモニカを始めた時、

古橋先生の門を叩きましたが、

当時先生は「82歳の高齢で、新しく生徒を増やす元気が無い」と云う

理由で、入門を断られてしまいました(笑)。

 

あれから数年経ちましたが、

今回のコンサートではソロ、デュオ、カルテットと三部門の演奏を

披露され、今だ健在ぶりを披露されておりましたのに、、、、(-_-;)。

 

カラオケ伴奏による演奏では、

フェードアウトで終了する曲が二つほどありましたが、

これは正直いただけませんでした。

間の抜けた終わり方で、拍手のタイミングも合いません。

フェードアウトはそもそもレコーディングの技法です。

やはり生演奏では避けるべきかもしれません。

 

複音ハーモニカ(森口満子)の独奏「長崎の鐘」は印象的でした。

秋の夕方どこか遠くから聞こえるような、

郷愁を感じさせる演奏は、複音ハーモニカならではのものでした。

 

クロマティックハーモニカのカルテットでは、

ベースラインの音域が見事にアンサンブルを支えており、

4オクターブハーモニカのアンサンブルの効果と機能性を感じました。

 

第2部はジャズハーモニカ第一人者徳永延生(とくながのぶお)。

解説と独奏1時間、、、、こんなのタダで聴いていいの?

詳しくは後ほど。