入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

 · 

最後の面談 静岡へ

最後の面談に行くけんジイさんを見守る、天竜二俣駅の勇ましいトロッコ電車。

罠猟の止めさしに銃を使うことを決心。

直ちに近くの警察署へ相談に行ったのが一年前。

 

その後、何度警察署へ足を運んだことか、、、、。

 

天竜浜名湖鉄道で掛川経由。

静岡中央警察署で一時間の面談が行われ、

どうにか所持許可が発行される見通しとなった

 

止めさしとは云っても、

銃を使うかぎり狩猟免許も必要。

同時進行でやってきたが、

やはり一年はかかるものだった。

 

今、銃猟をしたいと考えている方へアドバイス

 

警察署へ「初心者講習の申込みをしたい」と相談に行くと、

担当が対処してくれるまで待たされる。

決して腹を立てクレームをつけないこと、、、、、。

たぶん、この時点で銃所持の資格なしとみなされる。

 

初心者講習が終わると、その後考査が行われる。

このテストが実は難関で、落ちると惨め。

大勢の前で名前を呼ばれ、立たされ、

不合格ですのでお帰りください、、、と云われる。

 

 

けんジイさんが受けた会場では、年配者はほとんど合格したが、

落ちた約40%の方々は30代40代の若者ばかり。

結論:若者はナメてかかるが、年配者は真剣で意気込みが違う(笑)。

 

云いたいこと:市販の教科書を買わず、警察の教科書に集中する。

       それだけを注意深く何回も読んでおく。

       そしてもう一つ。

       銃砲店で売っている問題集(例題)は買うべき。

 

そのあとは簡単。

狩猟の試験はまじめにやれば誰でも受かる。

警察は銃を持たせない立場だが、

狩猟試験をやる側(県や猟友会)は、免許を取って狩りをやってほしい立場だ。