入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

彼岸の一日

天気が下り坂、とのことなので早めに山へ行った。

 

ナスと野菜を収穫していると近所のお婆さんが通りかかる。

しばらく立ち話をして、お婆さんを見送る。

 

そのうちにそのお婆さんが、隣の家のおばさんと立ち話を始めたようだ。

 

昨夜のうちに鹿が来て、今年植えた柿の新しい葉を食べてしまったようだ。

それでも、一時丸裸にされたレモンの樹の葉はまだ無事だから我慢しよう。

 

久しぶりに見る、左隣のおじいさんが車を洗い始めた様子なので、

ブラブラと歩いて行って立ち話を、、、、。

 

そうこうしていると、先ほどのお婆さんが帰って来て、私に声をかけて来た。

「いつか家に寄ってくれ」と云うので、帰るとき立ち寄る旨を伝える。

 

山で用事を済ませ、帰りにお婆さんの家に立ち寄ると、

一箱のビールが用意されていた。

「夏の間、私を見かけなかったから渡せなかった」と云ってお中元をくれた。

確かに私は旅行をしていたので、そうであろうと思った。

 

自宅に帰ると、カミさんは公民館からまだ帰っていない。

明日の敬老会準備のために朝から出かけたまま、、、、。

 

シャワーを浴びるほど汗をかいていない。

しかし洗濯機の中には洗い上がった洗濯物が、、、。

それを干し終えて時計を見ると、もう昼飯の時間。

 

ナスとピーマンを油で炒めているとき思い出した。

敬老会の準備に出かけたカミさんは、

公民館で弁当を食べるとのことだった。

 

炒め物にいつもは入れない粉ニンニクと豆板醤を足して仕上げた。

PCから流れるジャズをアンプへ回して、

音量を上げてからビールを飲み始めた。

 

カミさんが帰ったので目が覚めた。

いつの間にかソファーで眠ってしまったらしい。

 

明日の敬老会で、余興の演奏を頼まれている。

カミさんと二人で2~3回音合わせをしているうちに、

いつの間にか夕食の時間となった。