入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

夏空へ襁褓(むつき)が翻(ひるが)へる平和

久しぶりに宮司君に会う。

最近の彼は少々陶芸への情熱を失い、

もっぱら文学方面へ時間と好奇心を費やしているようだ。

 

記事(中日新聞、東京新聞)は金子兜太いとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」。

毎日新聞の万能川柳の常連宮司孝男だが、

いつの間にか俳句でも独特のセンスを見せてくれている。

 

陶芸に限らず、地方で工芸や絵画で「飯を食う」方々にとって、

「受難の時代」と云われて久しい。

しかしながら、趣味の延長で好きな事を仕事にし、

思う存分芸術家気どりをやって、

しかも経済的にも恵まれる時代が30年も続いたこと自体が、奇跡ではなかろうか。

 

宮司孝男の場合は、陶芸作家として行き詰まった時の逃げ場が、

実は一生を貫く得意分野だったことは幸運だと思う。

 

少々自分勝手なコメントになったが、

彼とは長い付き合いで、かれこれ50年になろうか、、、、。