入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

摘果・6月のキウイフルーツ

摘果前(側花も実を付けています)

摘果後(一枝に3~4個を残します)


五月の末から六月にかけてキウイフルーツ花が咲きます。

キウイは雌雄異株(しゆういしゅ)と云い、実を結ぶためには、

雄の樹に咲いた花を摘み取った花粉を、雌の樹に咲く花にかける人工授粉が必要です。

花には側花(そっか)が二本あり、そのままにしておくと実を付けてしまいます。

この二本を摘み取り、適正な数と、一定の大きさの果実を育てるために摘果をします。

 

たくさんの花が咲き、実をつけることで樹は衰弱します。

するとその樹は体力を回復させるために、翌年は実を付けません。

一般の家庭で栽培するカキやミカンには表年と裏年があり、

毎年の収穫量は一定でないのはそのためです。

 

摘果は、毎年一定量のキウイフルーツを収穫するためだけでなく、

樹の体力の消耗をコントロールすることも目的の一つと云えます。