入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

「ラーメンでも食べるか」?

天竜区の船明ダム湖畔に「天竜路」という食堂があった。

「道の駅」の元祖のような所で、たくさんの自動販売機があり、

夕方になると「鳶の餌やり」などをやったりしていた。

ただ駐車場が狭いのが難点。

この街道を数分走ると本格的な道の駅「花桃の里」がある。

そんなわけでとうとう閉店となった。

 

今月、そこにラーメン屋が開店した。

さっそくカミさんと食べに行く。

醤油ラーメンと餃子定食の大盛り、、、。

ちょっと多すぎたが、ラーメンのスープまで飲み干す。

 

もう一昔前の現役時代のこと。
会社の近くにラーメン屋が出来た。

それが所謂「こだわり」のラーメン屋。

なにしろ静かにラーメンを食べなければいけない、

ヘタに店の中で会話をすると叱られる、、、、との噂だ。

それを聞いてさっそく会社の若い人達と3人でその店へ食べに行き、

聞えよがしに思い切り仕事の話をして、笑いも飛ばしてみた。

 

その時店長らしき人物がこちらに視線を向けてはいたが、それだけだった。

時間に追われて働く者が、銭を払い、ラーメン食べながら会話して叱られるはずがなかろう。

やはりただの噂だった。

 

4月に入り有名な料理人が二人亡くなったとテレビが報じた。

一人は周富徳、もう一人は何とあの時の店長らしき方だった。

ラーメンに関してとても有名な方だと聞いていたが、

テレビで訃報が出るほどの有名人とは驚いた。

この方の最も嫌いな言葉が引用された。

「ラーメンでも食べるか、、、、」と云うものだった。

それほどラーメンに自信とプライドを持っていたことを伝えたかったのだろう。

しかし、これには違和感がある。

私にとってウナギは、こだわりの大好物であこがれの食材だ。

いつでも「たまにはウナギでも食べるか、、、」とカミさんに云ってみたい。