入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

交響曲第一番HIROSHIMA 

昨日は佐村河内守のゴーストライター発覚事件で、

報道番組が忙しい一日だった。


昨年、カミさんと一緒にNHKのドキュメンタリーを観た。

「魂の旋律、、、」例の番組だ。

以来カミさんはこの曲が気に入り、

CDを買おうか、、、、とまで云っていた。

今となっては中古CDもプレミアム付で価格高騰、、、、であろうから

購入は諦めてほしい(笑)。

 

今回のゴーストライター発覚の前だが、

作曲家の三枝成彰は「21世紀の音楽の先兵」と絶賛。

音楽学者の野本由紀夫は「一音たりとも無駄な音が無い」

「命を削って生み出した音楽」とt高く評価していた。

だからやはり一流の交響曲なのだ。

カミさんが欲しがるのも不思議ではない。

 

私も一度聴いてみたいので、どなたかお持ちでしたら、、、ヨロシク!

 

昔、「広島の犠牲者のためのレクイエム」(ペンデレツキ作曲)と云う曲を

聴いたことがある。

ペンデレツキが広島のために書いた音楽ではない。

曲のタイトルは日本の商業主義が作り上げたものだ。

ことさら世間の同情をさそい、

被害者をさらしものにしなければクラシック(純音楽)が売れないのは悲しい。