入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

使える器 重箱と湯桶

「湯桶読み」でおなじみの湯桶と云うのは、檜でできた蕎麦湯を入れる器のこと。
この蕎麦湯入れを「湖西焼き」の宮司孝男に作ってもらった。

これも「湯陶」と名付けても問題はないだろう。

 

とにかく蕎麦湯が熱くなければ、せっかくの蕎麦のあと味も台無し。

それには熱伝導の低い檜などで作るのは理にかなう。

しかしながら、檜の専用器は蕎麦湯以外には何にもならない。

 

そこでこの「湯陶」を使えば、

ピッチャーや大型急須としても通用する。

どちらの器も5合(0.9㍑)の蕎麦湯が入る。

なかなか使える器ではないか。