入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

あまちゃん「潮騒のメモリー」って意味不明?

朝ドラ「あまちゃん」を観終わった時、

カミさんが云った。

「潮騒のメモリー」のメロディーは素敵だけれど歌詞がパクリの連続で笑っちゃう、、、。

ネットでその詞を読んでみた。

 

なるほど!!

夏ばっぱと天野春子の中間の世代の私には、

これは立派なパロディーとして理解できる。

 

 

 

 

「来てよ その火を 飛び越えて 」

海女と云えば三重県の伊勢志摩だろう。

三島由紀夫の小説「潮騒」は神島を舞台にした、海女と若い漁師の恋物語。

この小説の中のあるシーンが、正にこの詞のとおりだ。

「砂に書いた アイ ミス ユー」

短い言葉を砂に書いた元祖パットブーンは

「砂に書いたラブレター」でブレイクした。

その後タイトルの日本語パクリが現れて、、、。

砂に何やら書くだけでさまになる、、、、みたいな。

 

「北へ帰るの 誰にも会わずに 低気圧に乗って 北へ向かうわ」

漁、海女、北、無口、失恋、、、津軽海峡冬景色の雰囲気がある。

 

「彼に伝えて 今でも好きだとジョニーに伝えて 千円返して」

高橋真梨子の「ジョニーへの伝言」に違いないが、

「千円返して」カモンマサトという芸人が

チャゲ&飛鳥の「セイイエス」の最後のフレーズをもじって

「せいんいえーん」とやるパロディーがあり、その部分であろう。

 

独りよがりの解釈で、作者の宮藤官九郎氏にご迷惑?

この辺で止めておこう(笑)。