入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

新日本交響楽団が交響曲第八番「イギリス」をやっていた頃

文化亭より見る上野文化会館楽屋口
文化亭より見る上野文化会館楽屋口

東京都美術館の帰り。

上野の文化亭で昼飯。

そこから上野文化会館の楽屋口を眺めながら40年昔を振り返る。

 

かつてこの建物は日本屈指のコンサートホールだった。

台東区に住んでいたことがあり、たびたびクラシック音楽の演奏をここで聴いたものだ。

 

その頃、私は新日本交響楽団というアマチュアオーケストラでダブルベースを弾いていた。

この上野文化会館の地下に練習場があり、だからそこへも通っていた。

ドボルザークの交響曲第八番 をひたすら練習し、演奏会を目指していた。

ある時、田舎に帰ることになり楽器を手放しすべて打ち切りとなった。

それ以来ダブルベースを弾くことはなかった。

 

ドボルザークの第八番は「新世界」ほどではないが、日本ではよく知られた曲だ。

第三楽章のメロディーはとても美しく、この部分だけを楽曲として独立させたものが

あってもいいのでは、、、、、、。

 

ところで第八番を「イギリス」と呼ぶことには何の根拠もないらしい。

「新世界」のアメリカにあやかって名付けられた出版社のせこい陰謀かも。