入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)蝶とカミさん

 

「むかし、昆虫採集の専門家がイギリスからやって来て、

この辺のあちこちの島をめぐり、蝶を採って本国に送っていた。

ある日、彼は島によって生物の成り立ちが二種類に分かれる事を発見し、

地図上にその区分を示した、、、、、、。」

昔、木材の仕事でインドネシアに行っていた頃、

スラバヤ地方の,同業者から聞いたウォーレスライン誕生の話は面白かった。

 

ツマグロヒョウモン蝶。

熱帯地方原産のこの蝶は、成虫の羽根の柄模様がらこう呼ばれる。

私がインドネシアに行っていた頃、浜松では見られなかった蝶だ。

 

その幼虫が、庭先のビオラの花びらや葉をたらふく食べて、

ちょっと高いところでぶら下がり、動かなくなる。

翌日は蛹(サナギ)に変身しているだろう。

(おめでとう!!カミさんの執拗な追跡をかわしながらも、、、、よく今日まで)

 

やがて羽化した成虫は、また我が家の庭先のビオラに卵を産みつける。

 

この蝶は、地球温暖化で南方の動植物が北上する話で,よく取り上げられる。

しかし、本当はパンジーやビオラがどんどん植えられ、増えているからだという人もいる。

 

カミさんと蝶のイタチごっこはこうして夏の間つづくのだろう。