入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

雨の日のボサノバ 平田王子

平田王子(ひらたきみこ)
平田王子(ひらたきみこ)

昔のNHKテレビ、小野リサと渡辺貞夫の関わる番組があった。その昔に彼女が育ったブラジルのロケもあり、

ドキュメンタリーとしては面白かった。

 

二人がセッションをやる場面があり、そのデュオが信じられないほどお粗末だったので、よく記憶している。

音楽好きなら「あァ、あの時の番組だな」とすぐにその時の失望感を思い出すに違いない。

それ 以来、小野リサを聴いてない。

 

 

閑話休題。

ボサノバと云えば平田王子(きみこ)と云うシンガーソングライターをご存じの方は少ないだろう。

最近は旅(地方で演奏)もするし、ピアノの渋谷毅とのコラボも多いから、シンガーとしての露出度は上がっている。

私にとってのボサノバはこれ。

 

彼女は自らポルトガル語で作詞、作曲し、そして歌う。

彼女のギターの音色はクラシックギターそのままに、非常に確かだ。

華奢な指だが、よく訓練され磨かれている。

いわゆる「コードを弾く」のではなく、「必要な音」を出している。

 

雨の季節になると平田王子のオリジナル「聖橋」(Ponte Santa)と云う曲を思い出す。

最初の録音は二番目のアルバム「オルフェのサンバ」の中にある。

彼女の実力を物語る、美しく印象的な曲だ。