入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

佐藤慎一 藤井学 トラベラーズツアー 浜松でトリオ

これは佐藤慎一のHP、昨夜のライブスケジュール部分だ。

18 浜松 Jazz Spot アナログ
start20:00 charge¥3000

佐藤慎一(bass)+藤井学(ds) Travelers Tour2012!
ゲスト 山田美加(p)
先日Maltaさんバンドで出演させていただいたanalog、とてもおしゃれないいライブハウスだ!

この日は浜松の若手で大活躍中の山田美加さんがゲストです。

053-457-0905

 

彼のスケジュールを見れば、大物だということは誰でも判る。

しかし、彼をのライブを聴かなければ「大物とは何か」ということは分からない。

昨夜は幸せな夜だった。

 

演奏はベーシスト佐藤慎一が、右肩越しのピアニストに送るにこやかな笑顔で始まった。

 

あたかもフレットがあるかのような正確なベースの音。。

今までハイポジションで4弦まで弾く演奏を見たことが無かった。

(ワンノートサンバのサビ、あの早いパッセージをハイポジションで)

ハイポジションで重音(1弦と2弦を同時に出す)を弾くのを初めて聴いた。

それまで、ベースがモルデントをこれほど明瞭に出せる楽器だとは知らなかった。

 

佐藤のMCは手際がいい。

ただの演奏曲目の紹介ではない。

すべて自分自身とその廻りの出来ごとを話す。

だから娘さんのために作ったと云う一曲を聴くと、

彼の家族構成や子供の成長の様子、親の年齢までが分かる。

 

佐藤はバランス良く他のプレイヤーにマイクを振る。

藤井学のトーク(自身を面白可笑しく紹介し)は大変盛り上がった。

ピアノのミカがマイクを渡され、

「私、実はMCが下手なんで有名です、、、、。」で最高潮。

そして彼女に、今夜のトリオのために費やした時間に感謝を表明し、

エールを送った。

 

「大物とは何か」を味わった。