入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

しなんばた(信濃畑) さくらコンサート

4月8日。

ここは春野町。

熊切茶で有名な山里だ。

天竜川の支流気田川に流れ込む熊切川。

この川のほとりの「尾上さんちの庭」。

 

桜の花は満開。

天気は良いが、時おり強い風が吹く。

ここで野外コンサートが開かれた。  

 

 


 

 

 

地元のボランティア、春野長蔵寺応援団の皆さんが中心となり、

シイタケのホダ木、魚や乾物の販売、地元産の煎茶や紅茶のサービス。

 

昼食は天ぷら、おにぎり、ケーキ、そして

「浜松魅惑のSOBA楽飲」の手打ち蕎麦。

 

ステージの最初は「スプリングフィールド」

女性のフィドルと男性のアコースティックギターのデュオから始まった。

楽しいトークを交え、アイルランドの民族音楽を。

最後にCDを限定で無料配布。

この気前の良さは春のしなんばたの雰囲気を一層盛り上げた。

 

ところでフィドルとバイオリンは同じ楽器だが、

民族音楽の場合はフィドルと呼ぶらしい。

「バイオリンは歌う楽器、フィドルは踊る楽器」

という解説は分りやすい。

 

次に、ステージには近くの茶農家、子育て中の若いご夫婦が招かれた。

二人ともに京都大学を出て、

これに至った経緯や日々の生活ぶりを、面白可笑しく披露した。

お二人ともに、周囲の人たちが応援したくなるキャラクターの持ち主。

ホームページを紹介しよう。

「うの茶園」

 

そして最後は地元の学生による弦楽四重奏。

弦楽器の野外演奏には良い条件とは言えない。

調弦に苦しみながらの合奏。

その中、チェロをすべて暗譜で弾いていた高校生はさすが。

かなり安定した低音部で、アンサンブルを支えた。

 

しなんばた(信濃畑)のいい一日だった。