入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

二胡レッスンで最近分かったこと

楽器のなかには純正律と平均律があるのは承知していた。

 

ギターは平均律の楽器だ。

奏者としては調律に大変悩む。

 

5弦(A)と1弦(E)を完全5度のハーモニーで合わせる。

その後各フレットの位置関係ですべての弦を合わせる。

すると今度は5弦と1弦のハーモニーが狂っている。

こんなものかと半信半疑で演奏に入る。

 

このような一種のストレスを背負い、何十年もギターを弾いた。

 

二胡はバイオリンと同様フレットが無い。

 

 内弦をチューナーかピアノで合わせ、外弦を内弦の開放弦を基に音階で合わせる。

つまり完全5度で調律する。 

すると、今度は外弦の開放弦がチューナーで確認すると音が低すぎるのだ。

 

結論: どうすべきか?

開放弦をピアノの音で合わせる。

開放弦と開放弦の間にある音階(音程)は適当にやる。

開放弦の音が最も重要。

その音はピアノから取る。

世の中の楽器は、すべて平均律で我慢、あるいは妥協する。

それが音楽というものだ!

 

専門家にとっては当たり前かもしれないが、

長い時間かけて分ったこと 。