入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

ナラ材の玉切り 芯材と辺材

ナラ材の原木
ナラ材の原木

昨年の11月に伐採したナラの原木の玉切り作業を始める。

その後、これに種菌を打ちこみ(植菌)、日陰に寝かす。

 

栽培用の原木は、辺材(周囲の白い部分)の割合が大きいものほどいい。

辺材はシイタケに養分を供給する畑のようなもの。

シイタケは辺材が朽ちていく過程で発生する。

 

それに対して芯材(中心の色の濃い部分)は養分もなく

堅く、簡単には腐らないから栽培には不要なもの。

芯材は云わば樹が死んだ部分。

この割合が小さいほどいい。

 

同じ理由から、フローリングや家具などに使われるナラ材(ホワイトオーク)は芯材が重用される。

 

樹は様々に使われるが、目的もそれぞれ違う。