入会ご案内 

産地直送 天竜山幸の会」 

 

直売所のご案内:

道の駅「花桃の里」(火休)  

直売所「天竜山の市」(月休)

輝楽食菜市(きらくな)(月火休)

 

商品の地方発送は、

ヤマト運輸を使います。

 

炭を焼く

乾燥しやすい斜面を利用して炭焼き場を造る。

 

自分で焼いた炭で肉を焼き、魚をあぶる 。

ちょっといいかな。

ドラム缶の裏に100mmの丸穴をあけ、煙突をつなげる。空気が漏れないよう赤土で固める。

雑木を隙間のないように詰める。

土でドラム缶を覆う。

 

シイタケ原木を伐採するとき、雑木を少し切っておいた。

直径60~70mmの細いものが適している。

前面を石と赤土で覆う。

屋根を付けてほぼ完成。

 

焚き口が小さいので外に張り出して着火。

約一時間中の雑木に火が着くと煙が変わるので、

焚き口を塞いで風穴だけを残す。

煙の色が土色になり、辛い煙りが長くつづく。

材の乾燥度や太さなどにもよるが12~15時間。

やがて青みがかった色に変わると火を止める。

風穴と煙突を塞ぐと火は止まる。

火を止めて約15時間後、炭が出来る。

 

(熱っ、この仕事はどう見ても冬の仕事だ)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    やまピーより (火曜日, 04 10月 2011 22:47)

    隅から炭まで焼くんですね。
    バーベキューよくやるんです。
    今度分けてください。

  • #2

    伊藤健蔵 (火曜日, 20 12月 2011 22:39)

    どうもどうも、遅くなりました。
    もう私の炭使ってもらえましたか?
    ではでは。